【40代からの浴衣】大人にふさわしく美しい浴衣の選び方とは?

20代30代の頃は、カラフルで着たいと思った浴衣を感覚的に選んで着てもそれなりにこなせていました。40代からは、大人の女性にふさわしい浴衣の選び方をしたいですね。40代に似合う柄の選び方や色の使い方、トレンドを取り入れた浴衣をまとめました。

40代からの浴衣はどう選ぶ?

40代は好きな色も大事ですが、自分に似合う色の浴衣も是非知っておきたいですね。

40代、大人の浴衣の選び方は20代の頃と同じとはいきません。流行やかわいいだけの色柄で選ぶことからは卒業してみませんか?

40代の浴衣選びはまず色柄や素材をしっかりと吟味し、流行を追うより似合うものを考えましょう。長く愛用できるように納得の一着を選びましょう。

また、色柄のポイントとしてはトレンドでもある古典柄を選ぶのもひとつです。40代の落ち着いた雰囲気といきいきとした着こなしをイメージします。

女優の真矢みきさんの浴衣です。40代の浴衣選びはベース色をシンプルに、大胆な大柄でも多色使いを避ければこんな個性的なスタイルに仕上がります。

40代はトレンドの古典柄浴衣を着こなそう

トレンドの古典柄を上手に取り入れた着こなしが素敵な40代の浴衣。

今年トレンドの、古典柄浴衣は40代からの浴衣選びに適したアイテムです。古典柄の中でも大正ロマンと呼ばれるような原色使いなどはどちらかというと若年層向きです。ポイントは原色や多色使いは避けることです。

牡丹・菖蒲・朝顔など、伝統柄を取り入れた古典柄の浴衣。40代でしたらベースの色は藍染めや白、淡い色を選ぶと良いでしょう。

模様の色も単色使いが40代の浴衣選びにはベストです。個性を出したい時は帯の色でポイント使いの差し色にしてみたりもできます。

大人の40代女性には白ベースの浴衣もおすすめです。若い世代にはなかなか出せない雰囲気づくりができますよ。柄が個性的なので、帯も同系色でまとめてシックな装いになります。

40代浴衣は帯の色で差を付けよう

40代大人の浴衣と差し色にしたい帯。

古典柄浴衣はただトレンドなだけでなく、40代女性を涼やかに演出できるという所が人気の理由の一つです。正統派デザインが年代を問わず美しく見せてくれます。

40代の古典柄浴衣は、前出の通りベース色を淡色にすると素敵です。どうしても地味だなと感じてしまう場合は帯の色を差し色にするとおしゃれです。

ベース色が藍色で浴衣の柄が単色という、40代に良く似合う組み合わせの古典柄です。帯の色は白ベースで涼やかですね。

40代の浴衣選びは派手すぎないようにすることもポイントですが、こちらは程よい可愛らしさを上手に取り入れたコーディネートになっています。

40代だからこそ似合う浴衣

繊細な色使いこそ、大人の40代におすすめです。

こちらの浴衣はベース色がグレーで、柄も帯も同系色でまとめています。このような色使いは40代ならではのおすすめ色です。

淡いグレーのベース色の浴衣にからし色の帯がアクセントになり、全体のバランスがとても良いコーディネートです。

白い帯が映えるコーディネートです。このように、40代からの浴衣は帯と柄の合わせ方が大切です。がちゃがちゃした色合いにならないように心がけます。

伝統的な絞り柄は、是非40代の女性に着こなしていただきたいおすすめ浴衣です。着心地も良く、色合いも独特の雰囲気が出ます。

個性的なスタイルの浴衣も取り入れたい

40代大人女性の個性的な浴衣。

大きな金魚の柄の浴衣という一見難しそうなスタイルに見えます。しかし帯と小物のチョイスでバランスよく、上手にコーディネートされていますね。

明るいコーディネートですね。40代は地味な色、とは決めつけずに様々な色を試してみましょう。ベース色を紺にすることでまとまっています。

花火大会の夜空をイメージした柄でしょうか、可愛らしい浴衣です。こちらもやはりベース色と帯の色が派手にならないように上手にまとめています。

40代浴衣の着こなしまとめ

40代の浴衣の着こなしについてまとめてみました。

40代からの浴衣を選ぶポイントは淡色ベース、柄は多色使いを避けることです。帯で差し色を演出しても素敵です。今年は是非、お似合いの浴衣を探してみて下さい。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ