毛玉の悩みから卒業!ニットに毛玉ができるメカニズムと対策!

これから寒くなりニットが大活躍する季節になります。今年は特にニットの当たり年!ニットを着てれば間違いない!というほどです。ニットは暖かくていいのですが、悩みといえばやはり毛玉!そんなニットの毛玉ができるメカニズムと毛玉防止対策などまとめてみました。

ニットにできる毛玉ってなに?どこからくるの?

毛玉は、着用の繰り返しの摩擦や、洗濯時の摩擦によって生じる現象です。その発生メカニズムは、生地の表面が摩擦などの作用を受け、繊維の先端が毛羽となり、それらが束を作り絡み合って「毛玉」を生みだします。

出典:http://www.tokyo929.or.jp

憎むべきは摩擦!
摩擦することにより毛玉が形成されます。

毛玉は、脇(わき)や袖(そで)の内側など、繊維同士や繊維が他の物体と擦(こす)りやすい箇所に、起き易い現象です。つまり、衣服に対する摩擦が大きな場所は要注意です。

出典:http://www.tokyo929.or.jp

体の動きに応じて摩擦が発生し毛玉ができる・・・とこうゆうことらしい。
あとは、リュックや肩かけバックなどがこすれることも毛玉につなるようです。

毛玉ができやすい素材って?

毛玉ができるメカニズムはわかりましたが、毛玉ができやすい素材ってあるの?
毛玉撲滅のためにはそれも知っておかないとですね。

毛玉になる理由は、強い繊維だからしっかり絡まり留まるからです。

出典:http://www.idokaba.net

強い繊維・・・ということはしっかりした服に毛玉はつきものだということでしょうか。
繊維が強い服を着ないなんて無理ですよね・・・。

アクリル100%の丈夫な素材

アクリルたわしとかで使われる毛糸です。
いまは100均でも安く買えるため、手作りものに多くみられるアクリル100%
編むときは扱いやすくていいのですが・・・

起毛素材

スウェットやパーカーでもよく見られます。
ふんわりとして暖かいです。

アンゴラ素材

動物繊維の一種で、アンゴラヤギの毛や、アンゴラウサギの毛、またはそれを織った布のことをいう。

出典:https://ja.wikipedia.org

アンゴラは軽くて手触りもよく人気の素材です。
そして例にもれず暖かい!

毛と合成繊維の混紡素材

ニット素材としてはこれが一番多いのではないでしょうか。
毛に合成素材(アクリルなど)が混ざっています。
毛100%だとどうしても重さが出てしまい扱いも大変なので
合成素材が混ざっているケースが多いです。

ニットに毛玉がつきにくくするワザって?

できやすい素材はわかりました。
でもその素材の服などが欲しいんです!
その素材のニットが着たいんです!
そんな方に朗報です。
ニットの毛玉をできにくくするワザがあるんです。

ブラッシングでニットの毛玉予防

このブラシは黒豚毛製でウールに最適。少し柔らかめに出来ているのと大きさも十分にあるので、とてもブラッシングがしやすいです。

出典:http://non.oops.jp

ニットの毛玉は繊維の毛先が絡まってできるもの。なので早めに洋服ブラシでブラッシングすることで毛先が整うので予防になります。できてしまった毛玉でもブラッシングでほぐすこともできます。

出典:http://non.oops.jp

洗濯の仕方でニットの毛玉予防

できるだけ目の細かいネットに入れて洗いましょう

ニットなどは、水の中で動いてしまうと、
繊維がすれて毛羽立ちしたり、ごわごわになったり、縮んでしまったりします。

それを防ぐためのポイントは、ニットをたたんだ状態よりも
小さめのネットにキツめにいれること。

出典:http://ameblo.jp

洗うときは、洗濯機ならドライコースや手洗いコースなどのデリケートなコースで。
おススメは手洗いをして、自分の手で優しく洗うことですね

出典:http://ameblo.jp

サイズ選びでニットの毛玉予防

洋服のサイズ選びはなるべく余裕も持って御選びください。

出典:http://www.sw929.com

ジャストサイズのニットはそれだけ摩擦する面積も広がるので毛玉ができやすくなります。

使用用途や頻度でニットの毛玉予防

お気に入りのニットでも毛玉防止のために。
連続して着るのはやめましょう。
そして満員電車や人ゴミなどはなるべく避けるようにしましょう

がんばってもできてしまった毛玉。どうすればいい?

今や100円でも売ってる毛玉取り器を使う

定番中の定番ですね。
ニットの毛玉を取るためだけの商品ですから間違いはないでしょう。
しかしこれ。使ってるうちに生地が薄くなっていくのご存じですか?

そしてこれ。取れる面積が狭いので、
広い面積に毛玉ができてしまっていると
結構面倒なんですよね。

カミソリを使ってニットの毛玉をとる

カミソリをやさしく滑らせて毛玉をそぎ落としていきます。
この場合ニットをしっかり広げてやらないと。
穴空きます。
力加減も難しいです。

スポンジでニットの毛玉とり?

もっともオススメなのがコレ。スポンジです。
高いスポンジでなくて大丈夫
安いスポンジの固いほうの面でやさしくなでてやるだけです。
クリーニング店でも推奨されているそうです。

手軽で生地を傷めずニットの毛玉がキレイになりますよ

ほらニットの毛玉がこんなにキレイになりました。

毛玉に負けずニットでぬくぬく冬準備

今年特に流行しているニット。
可愛いニットは大切に着たい!でも毎回クリーニングになんて出していられませんよね。
おうちで洗えて毛玉ケア。
大事なニットをセルフプロデュースしてあげましょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ