メガネがずれる!ずれないため、その原因と対策はどうすればいいの?

メガネはずれることってありますか?メガネをかけていない方もいるかと思いますが、今はおしゃれメガネもかっこいいですね。でも、メガネがずれてかっこ悪いのは嫌ですね。では、どうすればメガネがずれることなく快適に過ごせるかを紹介します。

メガネがずれやすのには原因がある!

眼鏡の女性

メガネをかけている方で、ずれやすいと感じている方は多いはず!
実はメガネがずれるのには原因があり、しっかりと対策することでメガネがずれにくくなるのです!

正しいメガネの選び方やメガネのずれ防止アイテムを紹介します。

メガネがずれる原因は?

メガネを日常的にかけている方は、ずれるとストレスになりますね。
また、PC用のメガネだったり、おしゃれ用のメガネだったりとメガネをする人も増えています。
写真のようにはずれることはないですが、メガネがずれる原因を考えていきましょう。

メガネのずれる原因の一番の理由は、耳にかかる部分の調整です。
この耳にかかる部分がきついと耳が痛くなります。
そして、ゆるいとずれてしまうのです

メガネのずれ防止アイテム!

メガネのずれ防止アイテム①ズレピタ

ズレピタ

¥ 441
メガネのパッドやモダンに取り付けつだけで、メガネのずれ落ちを防止する便利な滑り止めシールです。
素材は目立ちにくい薄くて柔らかな最新のシリコンゴムを使用しています。

メガネのずれ防止アイテム②ガチピタくん

ガチピタくん

¥ 550
メガネのずれでお困りなら、ガチピタくんがおすすめです。
ガチピタくんは2種類のシリコンパーツでメガネフレームをガチっとピタッと押さえるメガネのずれ防止アイテムです。
特にランニング、スポーツ、下を向く事が多い、激しい運動、日常生活のメガネのずれやすいシーンが多い方にオススメです。
ガチピタくんの素材はやわらかいシリコン製なので長時間使用していても痛くなりにくいのが特徴です。

メガネのずれ防止アイテム③ズレロック・ミニ

ズレロック・ミニ

¥ 580

ズレロック・ミニは左右2個で1ペアのメガネの耳掛け部分に装着するずれ防止アイテムです。
素材には、消臭・抗菌・防汚に有効な、「光触媒」加工が施されていますので汗をかきやすい時期でも清潔に使用することができます。

メガネをしてスポーツをされる方にもオススメです。

ずれにくいメガネの選び方は?

まず、金属製フレーム(できれば、チタン製)を選びましょう。
眼鏡の全部又は一部にセル(プラスチック)を使用しているものは、調整しにくいのでどうしてもずれやすくなります。
メガメを購入する際は自分の顔のサイズにぴったりと合っているかを確認してもらってから買いましょう。

大きすぎても、小さすぎても掛けているうちにトラブルが発生する可能性があります。

メガネがずれる、直し方は?

これは少し極端ですが、両目の高さに合っているのが、最低限のメガネの調整です。
見た目も悪いですし、目とレンズの距離が左右で変わってしまいます。

これが、理想のメガネの耳の部分です。
ずれ落ちないように、曲がっているけれど、耳に負担がかかりません。

一番手っ取り早いのは、メガネ屋さんで調整してもらうことです。
購入した店舗では無償で調整をしてもらえます。
購入したときに合わせていても、自然と形状は変わっていきます。
時々チェックしてもらいましょう。

メガネがずれる、鼻が低いから?

メガネがずれる原因のひとつに、鼻が低いこともあげられます。
フレームと一体化している鼻あてだと、とてもずれやすくなります。
目に近づきすぎたり、下がって鼻メガネになってしまいます。

このように、鼻が低いと認めたくはないかもしれませんが、鼻が高くても、鼻パッドが付いているタイプのメガネがずれにくくできています。
日常的にメガネをかける方には、鼻パッド付きのメガネをおすすめします。

メガネがずれることで不意に落下してしまう前に防止したいですね。
落下防止の方法を見ていきましょう。

メガネがずれる、自分できる対策とは① 鼻パッド

メガネが自然とずれてくるのを防止する方法は、まず鼻パッドを使用するとう方法が有力です。
確かに鼻できゅッと固定されれば落ちてきませんね。

メガネずり落ちないパッドというものが販売されています。
鼻にあたる部分だけを、ジェルのような素材で支えることでずれることを防止します。
¥2,116(税込)

また、鼻パッドのタイプのメガネでもずれる方や、メガネ跡が気になる方に、鼻盛りまめパッドという商品もあります。
4個セットでの販売となっています。
¥1,998(税込)

メガネがずれる、自分できる対策とは②耳

こんな風にメガネがずれる防止方法もあるようです、メガネにフックみたいなのをかけて、耳の部分でしっかり固定するという方法のようです。
¥463(税込)

この様に、耳の中に固定するタイプもあります。
耳のかける部分が痛くなる心配はないですね。
まだまだ普及していないタイプです。
これからが楽しみですね。

メガネがずれる、自分できる対策とは③100均

これも100円のメガネのずれるのを防止するグッズになります。
100円ショップでこれと一つ上のグッズ2個買ってしまえばかなり防止できそうですね。

メガネがずれるのを防止するグッズというのはたくさんあるものなんですね。
意外なものもあり少しびっくりでしたね。

メガネがずれる、自分で調整するには①JINSのメガネ

メガネ屋さんに行くことなく、自分自身で調整ができるといいですね。
自分自身では無理なのでしょうか?

Jinsのメガネの場合はメガネがずれないようにするため工夫されています。
耳に引っ掛ける所を自分で調節することができます。
これは、助かりますね。

メガネがずれる、自分で調整するには②工具から揃える?

他の手段としては、このような特殊な道具を使ってメガネを調節をすることになります。
高度な技術がいりそうですし、工具自体も高そうです。
耳の部分は、メガネ屋さんでは、熱によって柔らかくして調整してくれています。
ご家庭では難しいですね。

メガネがずれることで、イライラしてしまって、無理に曲げたりすると壊れる恐れがあります。
壊す前に、対策を考えましょう。

メガネがずれる、防止策はみつかりましたか?

メガネがずれるのと、ずれないのでは、毎日の生活が大きく変わりますね。
ご自身に合った、ずれの対処法を見つけて、快適に過ごしませんか?

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ