これでコンプレックスを解消!体型別の水着の選び方とは??

女性をいつも悩ませるのが「水着の選び方」。体型を隠したいからと上からTシャツで覆ってばかりじゃ寂しいですよね。今回は体型別でそのコンプレックスを解消する水着の選び方をご紹介します。おしゃれな今どき水着で、上手に水着を選びましょう♪

女性を悩ませる水着選び

気になる体型コンプレックス

水着の季節になると大抵の女性を悩ませるのが、体型コンプレックスですよね。自信がないからとTシャツで覆い隠してしまってはいませんか?せっかくですから海やプールを楽しみましょう。
トレンドの水着をおしゃれに着こなす、体型別の水着の選び方をご紹介します。

水着の選び方 ~胸が小さい場合の選び方~

まずは胸が小さい場合の水着の選び方をご紹介します。

バンドゥビキニ

まずは胸が小さい方の水着の選び方。
このお悩みならば、「バンドゥビキニ」がおすすめです。バンドゥとはブラ部分がチューブトップになったものです。小さな胸でもカタチ良く盛ることができるため、ここ数年、水着業界で流行しています。

フレアバンドゥ

中でもお勧めの水着がフレアバンドゥです。胸をふんわりと見せてくれるのでお勧めの選び方です。女性らしいシルエットもあって、素敵ですよね。

花びらバンドゥ

中央に花びらが付いた水着もお勧めの選び方です。胸を自然にボリュームアップしてくれます。かつ女性らしく、華やかな雰囲気がバカンスにぴったりなアイテムです。

また、水着のカラーの選び方としては、ふんわりとした暖色やパステルカラーなどがおすすめです。膨張色と言われるもので、胸を大きく見せる効果がありますよ。

フリンジバンドゥ

お次はフリンジバンドゥ水着です。こちらも自然とボリューム感を出してくれ、かつ女性らしいシルエットもあり、くびれを強調してくれる効果がある水着の選び方です。

暖色系の水着を選びましょう

色味は暖色系がの水着の選び方がおすすめです。膨張色なので、色が付いている部分のボリュームを大きく見せてくれる効果が期待できます。

水着の選び方 ~胸が大きい場合の選び方~

お次は胸が大きい方におすすめの水着の選び方です。

胸が大きい方は無理に隠そうとする傾向があるようですが、そうすると胸が潰れてしまい、太って見えてしまう事があるので注意が必要です。

ホルターネックタイプの水着の選び方

大きなバストにお悩みの女子は、ホルターネックタイプの水着がおすすめです。
貧乳さん向けのバンドゥは巨乳さんの胸を潰してしまいますが、首から胸元にV字を作ってくれるホルターネックビキニなら、谷間もキレイに保つことができます。

また、ホルターネックタイプの「ワイヤー」入りの水着を選ぶと、よりしっかりと胸をホールドしてくれるのでおすすめです。

また逆に胸が大きい方は、「フリル」等、胸部分にボリュームが出てしまう水着の選び方はNGです。上半身ではなく下半身にボリュームが行くような水着の選び方ですとメリハリが出て良いと思います。

寒色系の水着がおすすめ

胸が大きい方の水着の選び方としては、小さい方とは真逆で「黒」や「ネイビー」等の寒色系の色味の選び方がおすすめです。ほっそり痩せてみせる効果があります。

水着の選び方 ~肩幅が広い場合の選び方~

お次は肩幅が広い方向けの水着の選び方をご紹介します。

オフショル水着の選び方

肩幅が広い事でお悩みの方にはオフショルダーの水着の選び方がおすすめです。大きく開いたデコルテへと視線が向かうため、肩幅が狭く見える、顔が小さく見えるといった効果があるそうです。

また、オフショルダーの水着は二の腕を覆える点も嬉しいポイントです。
鎖骨を大胆に出して、華奢見せを狙いましょう。

水着の選び方 ~ぽっこりお腹の場合の選び方~

お次はぽっこりお腹が気になる場合の水着の選び方です。

Aラインのワンピース水着がおすすめ

下腹ぽっこりさんやくびれがない方の水着の選び方定の番と言えば、胸元切り替えのAラインワンピース水着です。細かな柄や複雑な模様、単色ならば収縮色をチョイスして、可愛く着痩せしちゃいましょう。

ペプラムビキニ

でも、ワンピやタンキニ水着で胴部をすっぽり覆うことには、もう飽きが来ている女子も多いかも。
そこで注目したい選び方が、デザイン性の高いペプラムビキニです。

お腹を全てカバーするタイプのものも、フレアな裾から少しだけ肌を覗かせ、さもくびれがあるように見せるタイプのものもあります。黒系のハイウエストショーツを合わせれば、今年っぽいレトロハンサムな印象になりますよ。

ボーダー柄の水着はNG

ぽっこりお腹が気になる方はボーダー柄の水着の選び方は避けましょう。横に広がって見えるので、より太って見えてしまいますよ。

水着の選び方 ~下半身太りの場合の選び方~

お次は下半身太りの場合の水着の選び方をご紹介します。

パレオ付き水着がおすすめ

脚が太い、ヒップが大きいなど、下半身太りにお悩みの方は、「パレオ」付きの水着がお勧めです。太ももやお尻まわりだけを隠せる短め丈のパレオもあるので、気になるパーツだけ隠すのも良いでしょう。

着痩せの法則に従い、色は「青」や「黒」などの寒色系が良いでしょう。

水着の選び方 ~お尻が大きい場合の選び方~

足首までの長さがある水着の場合は高めのヒールと合わせるとスタイルがより良く見えますよ。

フリル付きのショーツがおすすめ

ヒップの部分に、目立つ柄や、ポケット、フリルがデザインされている水着を選びましょう。
こういったお尻のワンポイントは、お尻を目立たせるどころか、視線をお尻からずらしてくれる、
カモフラージュ効果が期待できます!

上下別カラーミックスデザイン

ボディライン、下半身、上半身、どちらかにメリハリを付けたい場合は、最近流行の上下のカラーが別の水着デザインもおすすめですよ。上に暖色系、下に寒色系の色味を合わせれば湖尻効果でメリハリボディに見せられます。

水着の選び方 ~足が短い場合の選び方~

お次は足が短い方向けの水着の選び方です。短い方は足を隠しがちですが、これは逆により短く見せてしまいます。

胸元にはボリューム&高めのヒールと合わせるのがおすすめ

脚の長さにお悩みの短足さんは、下半身太りさん以上に「視線を上にあげる」ことを意識してください。ブラだけ華やかカラーの上下別デザイン(ミックスマッチスタイル)ビキニもの水着も今っぽくてお洒落だと思います。

リボンタイプのビキニがおすすめ

足が短い方におすすめの水着はショーツの両サイドが細くて華奢なリボン結びのタイプのビキニ水着です。これには脚と胴との境界線をあいまいにする効果があり、脚を長く見せる効果があります。

ブラにフリルや柄などのアクセントを置き、髪飾りや帽子、ヘアアレンジに気合いを入れるのも良いでしょう。また高めのヒールを着用して足長効果も忘れずに!

ヒール付きのビーチサンダル

水着に合わせるアイテムとして、ヒール付きのビーチサンダルなども最近ではバリエーションが増えていますので、おすすめですよ。水着の色と合わせて選んでみましょう。

水着の選び方 ~サイズ感の選び方~

水着のサイズはフィット感が大事

水着を購入する際は必ず試着をする事をおすすめします。また水着は水に濡れると膨らみますので、少しきつめのサイズのものを選んだ方が良いでしょう。試着の際にぴったりでも水に濡れたら胸の部分が大きすぎて・・という失敗例もありえますので注意が必要です。

まとめ

ちゃんと水着を選べば、海でも自信たっぷりに水着が着れる!

いかがでしたでしょうか?
体型コンプレックスの方も水着の選び方を間違えなければ自信を持って水着が着れるはずですよ。せっかくの楽しい機会ですから思いっきりおしゃれに楽しんじゃいましょう~♪

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ