ファッションの聖地・パリコレ進出した日本人デザイナーをご紹介!

世界中が注目するパリコレ(パリコレクション)に参加することは、ファッションの世界で頂点に君臨するということ。そんな大舞台で活躍している世界的に有名な日本人ファッションデザイナーをご紹介!ファッション好きのみならず、日本が誇れるデザイナーの存在は要チェックです!

目次

世界中のオシャレさんが注目するパリコレとは?

パリコレとは、パリ・コレクション(英名: Paris Fashion Week)としてフランスのパリで開かれる、服飾銘柄店の新作発表会のことです。

オートクチュール (高級注文服)とプレタポルテ (高級既製服) の2部門があり、2週間前後の日程で開催発表されます。

オートクチュールは、1月に春夏コレクション、7月に秋冬コレクション。
プレタポルテ(ウィメンズ)は、3月に秋冬コレクション、10月に春夏コレクションが発表されます。

メンズのプレタポルテは、2月に秋冬コレクション、10月に春夏コレクションとなっています。

パリコレに参加するには資格が必要!?

オートクチュールの場合、正規のショー・カレンダーにエントリーするには、大手メゾンが加入する正規会員、招待会員、そしてフランス国外にアトリエを持つ国外会員の3種会員のいずれかに所属しなくてはならないそうです。

プレタポルテはオートクチュールのような会員制度はなく、フランス服飾連盟の審査に合格すれば正規カレンダーにエントリーすることが出来るそうですが、ショーを行うための費用は数千万かかるそうです。

パリコレを舞台にしたファッションデザイナーの映画も!

Dior新任デザイナーと誇り高いお針子たちのパリ・コレクションまでの8週間を描いた映画も公開されています。

華やかなファッションと世界が注目するディオール・オートクチュールの舞台裏に隠されたリアルストーリーの感動作品です。

【三宅一生 ◇ ISSEY MIYAKE】日本人ファッションデザイナー①

1970年「三宅デザイン事務所」を設立。
1973年「イッセイ・ミヤケ秋冬コレクション」でパリ・コレクションに初参加。

衣服の原点である「一枚の布」で身体を包み、”西洋”でも”東洋”でもない衣服の本質と機能を問う”世界服”を創造しました。

ファッションデザイナー三宅の服づくりは、創業当初から現在に至るまで「一枚の布」という考え方に貫かれていて、この考えのもと、一本の糸からオリジナル素材を開発し、身体とそれをおおう布、その間に生まれる「ゆとり」や「間(ま)」の関係を追及しています。

ISSEY MIYAKE 秋冬2016/2017 ファッションショー「BEYOND」

ISSEY MIYAKE 秋冬2016/2017 コレクション

3月4日(金)パリで行われたファッションショーの映像。
広大な宇宙をインスピレーションに、テーマ”BEYOND”は、「Baked Stretch」と「3Dスチームストレッチ」のテクニックを用いて、一枚の布が創り出す美しさを表現しました。

【高田賢三 ◇ KENZO】日本人ファッションデザイナー②

1970年パリ・プレタポルテ・コレクションにデビュー。
ペザントルックやレイヤード等、和洋折衷の妙に溢れた独自の作風と色彩の斬新さでモード界に多大な影響を与え、70年代ファッション業界をイヴ・サンローランとともに引っ張ったデザイナーです。

ファッションデザイナー高田賢三は、新しいものを多く取り入れ、ファッションの既成概念をことごとく打ち壊しました。花柄を多用し、カラフルな色彩、世界の民族衣装も積極的に採り入れるのも特徴のひとつです。

KENZO 秋冬2016/2017 ファッションショー「自由気ままな冒険心と探究心」

KENZO 秋冬2016/2017 コレクション

3月8日(火)にパリで発表されたウィメンズファッションショー。
ブランドのDNAを頼りに、未来へ向け歩みゆくケンゾーウーマンが見つけたクリエーションの中には、日本を代表するアニメーション、”セーラームーン”の要素が詰め込まれていました。

【川久保玲 ◇ COMME des GARCONS】日本人ファッションデザイナー③

「コム・デ・ギャルソン」の創始者。
1981年パリ・コレクション初参加。

体の線を意識した西洋のデザインとは全く異なる、川久保の直線的でノンセクシャルな初パリ・コレクションは「ボロ布のようだ」「ヒロシマ・シック」などと揶揄されましたが、そのアバンギャルドな服作りは、パリのファッション界に大きな影響を与えました。

ファッションデザイナー川久保玲の”ギャルソン”スタイルは、社会に流されることのない、自立した女性像をデザインに落とし込んだもの。いわゆる”女性らしさ”のない、ルーズなシルエットに黒などモノトーンな色を多様、孤高の女性を描きました。

1978年には、メンズラインである「コム デ ギャルソン・オム」をスタートさせています。

COMME des GARCONS HOMME PLUS 秋冬2016/2017 「戦えない甲冑」

COMME des GARCONS HOMME PLUS 秋冬2016/2017 コレクション

コム デ ギャルソン・オム プリュスがパリで発表した、2016-2017年秋冬ファッションショーの映像。最初に登場したのは、黒の上着に紺のパンツの3人の男性です。

【渡辺淳弥 ◇ JUNYA WATANABE COMME des GARCONS】日本人ファッションデザイナー④

パタンナーとしてコム デ ギャルソン川久保玲の元で学ぶ。
1993年からパリ・コレクションに参加。
2003年よりレディースラインのJUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN PINKを日本国内のみで開始。

1992年「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン」のチーフ・デザイナーに就任。
東京コレクションにデビュー。ツイードやデニム、チェック柄などを多く使用するのが特徴です。

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS 秋冬2016/2017「超構築的なドレス」

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS 秋冬2016/2017 コレクション

今回のシーズンのファッションショーは、数学的なアプローチのもと”同じ形の連続性によって出来上がる新たな形”を求めたそうです。カラーは、ブラック、レッド、差し色でピンクを用いています。

【山本耀司 ◇ Yohji Yamamoto】日本人ファッションデザイナー⑤

1972年Y’sを設立。
1981年パリ・コレクションデビューと同時にYohji Yamamotoを開始。

当時タブーとされていた”黒”を前面に押し出したショウを発表し、”黒の衝撃”と称され一大旋風を巻き起こしました。賛否両論の評価を受けつつも、時代に流されないその反骨精神は、モード界に革命をもたらしたと言われています。

ファッションデザイナー山本耀司のデザインは、彼の打ち出したアシメトリックなカッティング、身体と服の間に空気をはらむようなシルエットで、ボディコンシャスな時代のファッションの慣習を覆すものでした。

Yohji Yamamoto 秋冬2016/2017 ファッションショー「黒で綴る、一つのメッセージ」

Yohji Yamamoto 秋冬2016/2017 ファッションショー

パリで発表されたウィメンズコレクション。細く長いシルエットをキャンバスにたくさんのデザインをのせています。赤や白を差すこともありますが、ほとんどは黒一色に包まれています。

【島田順子 ◇ Junko Shimada】日本人ファッションデザイナー⑥

1981年パリに「JUNKO SHIMADA DESIGN STUDIO」を設立。
パリ、東京にて初めてのコレクションを発表。
1988年東京に「JUNKO SHIMADA INTERNATIONAL」を設立。

ファッションデザイナー、ジュンコ シマダは、”パリのエスプリ漂う、都会的な女性たちに贈るブランド”がコンセプト。毎シーズン新鮮でエキサイティングなメッセージをデザインに発信されています。

JUNKO SHIMADA 春夏2016 コレクション

JUNKO SHIMADA 春夏2016 コレクション

海を感じさせるファッションショー。グラフィティーアーティスト、ヒューゴ・セストの作品とコラボレーションし、80年代のカリフォルニア、パシフィック・パセリーズをイメージされたそうです。

【津森千里 ◇ TSUMORI CHISATO】日本人ファッションデザイナー⑦

2003年パリコレクションデビュー。
ファッションブランド「ツモリチサト」の創業者。
「イッセイミヤケ」傘下ブランドのデザインも手がけていたこともあったそうです。

「ツモリチサト」は、デザイナー津森千里が好きなもの、興味のある事を、自由な発想で素直に表現したブランド。ガーリィでセクシー、大人のためのファンタジーがあふれる、ハッピーなテイストを提案しています。

TSUMORI CHISATO 秋冬2015/2016 ファッションショー「コミックスペース」 

TSUMORI CHISATO 秋冬 2015/2016 ファッションショー

2015-16のコレクションはデザイナー津森の考える、漫画と宇宙のイメージがふんだんに散りばめられています。

【丸山敬太 ◇ KEITA MARUYAMA】日本人ファッションデザイナー⑧

1997年パリコレクション進出。
「BIGI」「アツキ・オオニシ」のデザイナーを経て、1990年にフリーデザイナーとしての活動を開始。

アーティスト・DREAMS COME TRUEのステージ衣装などのデザインを手がけたことで業界にその名が広まりました。

NEW YORKERの持つトラッドスタイルをベースに、遊び心あるデザインや色彩豊かなカラーリングを自由にそして大胆にコーディネート。シンプルでベーシックな中にも、大人の遊び心が表現されたモダンクラッシックスタイルを提案し続けています。

KEITA MARUYAMA 秋冬2015/2016「ダークサイドファンタジー、夜だけの夢を洋服にのせて」

KEITA MARUYAMA 秋冬2015/2016 ファッションショー

”夜へ”というテーマのもと、ダークサイドな物語を書き上げた今回のショー。暗く重苦しいイメージが先行しがちなテーマに、夢が散りばめられたファンタジーな世界が広がります。

【阿部千登勢 ◇ sacai】日本人ファッションデザイナー⑨

1999年、sacaiを設立。
2011年パリコレクションデビュー。
デザイナー阿部千登勢は、コム デ ギャルソンでニットのパタンナーなどを経験。大々的な宣伝をすることはなく、雑誌の紹介、スタイリストやセレクトショップからの高い評価、ユーザーによる口コミで人気が広がっていきました。

ブランドコンセプトは「日常の上に成り立つデザイン」。スタンダートなものを大切にしながら、エレガントな要素が加えられています。また、クラッシックなアイテムにひねりを加えることで、sacaiの考えるエレガントファッション「ニュースタンダード」を表現しています。

sacai 秋冬2015/2016 ファッションショー「love will save the day」

sacai 秋冬2015/2016 コレクション

”LOVE"の観念を探求することから、クリエーションをスタートさせている阿部千登勢のファッションショー。楽観主義とポジティヴさを「love will save the day」というワードで表現し、コレクション全体に散りばめています。

【高橋盾 ◇ UNDER COVER】日本人ファッションデザイナー⑩

1994年有限会社アンダーカバーを設立。
2000年1月に株式会社アンダーカバーを設立する。
2003年パリコレクションデビュー。
デザイナーの高橋盾は、アンダーカバーのデザインについて「ストリートとモードの間にある」と語っています。

かつて、カルト的な人気と生産が限られていることから、入手困難になり、プレミアのついたアンダーカバー。”アンダーカバー”はレディースラインで、メンズラインは”アンダーカバイズム”のブランドネームで発表しています。

UNDER COVER 秋冬2016/2017 ファッションショー「失った恋を嘆き、哀愁を漂わせて」

UNDER COVER 秋冬 2016/2017 コレクション

3月4日(金)にパリで発表された、2016-17年の秋冬ウィメンズファッションショー。ルー・リード、『Perfect Day』の複雑な哀愁を絡ませたメロディにのって、満ち足りた日々を振り返るようなショーを展開しています。

【森永邦彦 ◇ ANREALAGE】日本人ファッションデザイナー⑪

2003年ブランド「ANREALAGEアンリアレイジ」を設立。
2014年パリコレクション発表。
ディテールはもちろん、雰囲気などさまざまな角度でスタイルを提案。

デザイナーの森永邦彦は、「服やショーを4次元的にとらえる。その4次元的な空間が作りたくてショーをやっている」と語っています。

ブランドコンセプトは「神は細部に宿る」。
ANREALAGEというのは、real、unreal、ageをミックスした造語。移りゆく時代の中で、日常見過ごされてしまうようなことに目を向けたファッションスタイルを展開しています。

ANREALAGE 秋冬2016/2017 ファッションショー「ノイズ(NOISE)」

ANREALAGE 秋冬2016/2017 コレクション

3月1日(火)にパリで発表した、2016-17秋冬ウィメンズファッションショー。プログラム・アーティストの浦川通とともに仕掛けたのは、様々な柄情報を暗号のように生地に埋め込み、透明フィルターによって、模様を浮かび上がらせるというトリックでした。

パリコレで活躍する日本人デザイナーの今後に注目!

いかがでしたか?
世界で活躍する日本人ファッションデザイナーの素晴らしいデザインに魅了された方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介したデザイナーのみならず、まだまだ大勢のファッションデザイナーが海外で注目を集めています。これからも、クリエイティブな世界でがんばっている、デザイナーの方々を応援していきましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ