首元をかわいく、かっこよくみせる!おしゃれなチョーカーの作り方

首元をおしゃれに飾るチョーカー。今、手作りチョーカーに注目が集まっています。チョーカーの作り方は意外と簡単。しかも、材料と作り方によっていろいろなチョーカーを作ることができます。チョーカーの基本の作り方と、さまざまなチョーカーをご紹介します。

革でも布でも作り方は簡単!手作りチョーカー

ブームが再燃しつつあるチョーカー。
どんな服装にも合わせやすく、首元を華奢で可憐に見せてくれますので、ぜひ取り入れたいファッションアイテムの一つでもあります。
今回はそんなチョーカーの作り方のご紹介です。
さっそくじぶんだけのオリジナルチョーカーをぜひ作って、楽しんじゃいましょう!

チョーカーの作り方~材料~

パーツ

これは、革ひものパーツです。
まずはチョーカーの元になる色と材質を決めましょう。

ひも素材も。
ヘンプ風チョーカーを使いたいときにぜひ。

丸カン

丸カンとはこういった金具の部品です。手芸店やホームセンター、百円均一のお店などでも手に入ります。

カニカン

こちらはカニカンです。
様々なサイズがありますので、作りたいものをイメージしてから選ぶようにしましょう。

レース留め金具

こちらはレース留め金具です。
使用するリボンの幅に合わせて選ぶ事が重要です。

アジャスター

長さを自在に変えるためのアジャスターも必要です。
100均で入手できますよ。

超簡単!リボンとレザーのチョーカーの作り方

基本の作り方

1 長さを決める

リボンやレザーの長さを決めます。
ギリギリにするか、長めにするか鏡を見ながら決めてください。

ここでご紹介する作り方は基本の「作り方」です。

2 リボンに穴を開けチャームを通す

リボンに穴をあけます。
パンチや千枚通しを使いましょう。
開けた穴に、チャームを通した丸カンをつけます。

チャームを丸カンでつけると、写真のようになります。
大きめの丸カンがある場合は、穴を開けずにリボンに丸カンをまるまる通してもいいでしょう。

3 留め具をつける

メイン素材の両端に、留め具をつけてください。
これで完成です。

留め具の使い方のコツです。
留め具は、リボンを挟み込んではさんだ部分をペンチでしっかりと潰して締めてください。

好きなパーツとリボンを組み合わせることで、オリジナルのチョーカーを作る事が出来ます。
基本の作り方をアレンジして、自分だけのチョーカーを作っちゃいましょう!

動画で見る作り方

広島 手芸雑貨店「Leche れちぇ」ハンドメイドママの店から。
チョーカーのかんたんな作り方です。

100円ショップのものを材料にチョーカーを作る作り方動画です。
手作りのアクセサリーを簡単、格安で作りたい人必見です。

紐やビーズも!作り方の参考にしたい手作りチョーカー

鮮やかに

カラーの鮮やかなリボンでチョーカーを作れば、とても映えますので、目立っていいですね!チャームもポップでかわいい!

レースで

レースのリボンで作ったチョーカー。基本的な作り方は同じですが、素材を変えるだけで印象もずいぶん変わります。

紐を使って

リボン結びのチョーカー。後ろはレース留め金具で、作り方はおなじですが、最後に中心部をハサミでカットし、リボン結びすれば出来上がり!リボンは長めにとっておきましょう。

ペアでも!

レザーを使用した作り方。男性でもファッションに取り入れやすくなりますね。ペアで作ってつけるのもおすすめです!

ビーズで

ビーズを使った豪華なチョーカーです。
色を変えているところが大人っぽさを引き出していますね。

大きめチャームと

チャームが印象的なチョーカーです。
クールに決めたいときにいいですね!

ネックレスと

シンプルなチョーカーを、普段のネックレスと重ね付けしてもかわいいですね!
ぜひ真似したいスタイルです。

作り方をマスターして、オリジナルチョーカーを!

基本の作り方さえマスター出来れば、どんなチョーカーでも手軽に作ることができます。
オリジナルチョーカーで首元のおしゃれを楽しんでくださいね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ