【節約術】冬に活躍したダウンジャケットを自宅で上手に洗濯する方法

冬にお世話になったダウンジャケット。暖かくなったらダウンジャケットもしまう時期。でもその前にクリーニングに出さないと!だけど何着も出せば結構な金額になります。節約のためにも自宅で洗濯できる物は選択したいですよね。ダウンジャケットを洗濯できる方法を調べました。

冬にお世話になったダウンジャケットはしまう前に洗濯しましょう。

冬にお世話になったダウンジャケットも暖かくなってきたからそろそろしまう時期です。
しまう前にクリーニング出さないと!

だけど何着もクリーニングへ出すと結構な金額になりますよね。

記事番号:79874/アイテムID:2544407の画像

家で洗濯できるものならば家で洗濯すると節約にもなります。

失敗しないダウンジャケットの洗濯方法について調べました。

まずはダウンジャケットの洗濯表示を確認してみましょう。

記事番号:79874/アイテムID:2544433の画像

まずは、ダウンジャケットについているタブを確認します。

ほとんどのダウンジャケットではクリーニングに出すことを勧められていますが、よく読むと洗濯の注意点も書かれていますので読んでおきましょう。

読み終わったらダウンジャケットについているタグのマークをチェックします。

こちらのマークは、「水洗い可能」という意味です。

ぬるま湯の場合は温度なども記入してあります。

こちらのマークは「水洗い不可」と「ドライクリーニングができる」という意味です。

ただ洗濯方法や、条件付きでダウンジャケットを自宅で洗濯できる可能性もあります。

そのほか、ダウンジャケットにファーなどがついている場合は注意が必要になりますので、確認して洗いましょう。

ダウンジャケットを洗濯するのならば、おしゃれ儀専用の洗剤を

ダウンジャケットを洗濯する場合、普通の洗剤でジャブジャブ洗うのはちょっと怖いですよね。

おしゃれ着用の洗剤を使ったほうが無難です。

ドライクリーニングで使われるようなドライクリーニング用の洗濯洗剤もありますので、色々と調べてみるといいと思います。

ダウンジャケットを手洗いで選択する方法

動画では洗濯機を桶代わりにダウンジャケットを手洗いしています。

初めてダウンジャケットを手洗いされる方は参考にご覧になることをお勧めします。

まずいきなりダウンジャケットを水につけずに、汚れている個所をスポンジで表面をこすり洗っておくとより汚れが落ちやすくなりますし、どの部分が汚れているのかチェックもできます。

ダウンジャケットの襟や袖先など汚れの目立つ部分は洗剤を付けて、水で湿らせたスポンジで洗います。

そのあとシャワーなどで流します。
羽毛が濡れすぎないようにすばやく全体を流してください。

洗濯槽に水を入れ、中性洗剤を入れます。洗剤はおしゃれ着用の洗剤がいいです。
ダウンジャケットは水をよく吸うので、水を多めに入れます。

ダウンジャケットを洗濯槽に入れて、手で押し洗います。
ダウンジャケットを何度も水中に沈めながら全体を押し洗いましょう。

洗濯機にドライコースがある場合は、ドライコースで脱水してください。
洗濯機で脱水し、新しい水を入れて押し洗いと同じ要領ですすぎます。

そのあと新しい水を入れて押し洗いと同じ要領ですすぎます。
この行程を2回程度繰り返します。

ダウンジャケットの形を整え、羽毛を偏らせないように均等にして、厚手のハンガーにかけて陰干しします。羽毛は無理にほぐさない方がいいです。

乾燥には2~3日かかる場合があります。

ダウンジャケットを洗濯機で丸洗いする方法

ちょっと乱暴ですが、ダウンジャケットを洗濯機で丸洗いする方法もあります。

自宅の洗濯機に、手洗い、ドライモードがあるなら、洗濯機でも洗えるようです。

まずダウンジャケットをファスナーを閉め、ネットに入る大きさに折りたたみます。
目立つ汚れがある場合は表に出るように折りたたみます。

洗濯ネットに入れ、洗濯槽へ。


折りたたんだダウンジャケットに水を含ませるために洗濯ネットごと中に入れて、数回押すようにして水の中へ沈めます。

全体が浸るぐらいの水(できればぬるま湯、30度ぐらい)を入れ、量に従って洗剤を入れ、洗濯液を先に作ります。

ダウンジャケットは水に浮きやすくうまく沈まないので、バスタオルなどでくるみ一度水の中に押し込むようにして沈める方法もあります。

洗濯は「手洗い」「ドライ」などのモードでスイッチオンでいよいよ洗濯開始です。
脱水は1分以内のモードに設定します。

干す前に、羽毛のかたよりを減らすため、ダウンの肩やすそを持って軽く「振りさばいて」形を整えます。
ハンガーにかけて、風通しの良い場所に陰干しします。
少し乾いてきたら、下にたまった羽毛を上に向かって「たたき上げ」て羽毛をほぐします。

ダウンは乾きにくいので、2・3日かけてゆっくり乾燥させましょう。

ダウンジャケットがぺっちゃんこのままだったら

洗濯し濡れて固まったダウンをほぐしておかないと羽毛同士がくっついたまま乾いてしまい、ぺっちゃんこになります。
そのまま放っておくと羽毛は団子状に固まったまま乾いてしまいます。
もう一度水に浸し、ダウンを濡らして水をきり、濡れている状態のときにダウンを均一になるようにほぐし、形を整えればふっくらに直るようです。

ダウンジャケットを自宅で洗濯してみませんか。

毎年ダウンジャケットをクリーニングに出すのも勿体ないな~と感じているのでしたら、家で洗うのもチャレンジしてみてもいいですね。

きれいに洗濯されたダウンジャケットで次の冬を迎えたいものです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ