今更聞けない!転職のための面接でNGにならないスーツ選び。

転職や再就職の面接を受ける場合、どんな服装で行くべきか悩みます。就活の時と同じよスーツで行くと、頼りなく見えてしまったり、印象をが薄れてしまう事もあります。社会人を経験した方が面接でNGにならないスーツについて調べました。

社会人を経験した人の面接

色々な理由で転職や再就職をされる方がいます。

面接なんて学校を卒業して就活以来という方もいますよね。
どんな格好で面接を受けるのかベストなのか意外と悩む方は多いようです。

転職や再就職など、社会人を経験した人の面接は新卒の面接とは求められるものも違うので、面接官に嫌な印象を与えないような格好で面接に挑みたいものです。

面接でNGなスーツ

転職や再就職の面接は「地味な恰好で受ければいい」とスーツにあまり気にしないで受ける方は結構いらっしゃるようです。

自分のスキルに絶対の自信があり、形だけの面接という事でしたらそれほど気にする必要はないのかもしれませんが、そうでない場合は自分にあったスーツで面接を受けたいものです。

業界にもよりますが、万人にも受け入れられる格好で面接に挑んだほうが良いようです。

くたびれた印象のスーツ

くたびれてヨレヨレでしわしわのスーツやアイロンもかかっていないブラウスでは、面接官の印象はよくないようです。

高級なスーツでなくても清潔感を感じられるように着る前にチェックし、ブラウスはアイロンをかけておきましょう。

サイズが合っていないスーツ

体型が変わらないと思っていても数年たつと変わっていることはあります。
サイズがあっていないスーツは魅力半減で、だらしがない印象を面接官に持たれるかもしれません。
一度スーツに袖を通し姿見で自分の姿をチェックしてみましょう。

新卒者用の就活スーツ

新卒者が着る就活用のスーツ。
いわゆるリクルートスーツはフレッシュさをアピールするようなデザインです。

社会人経験者がそのままリクルートスーツを着ると頼りない印象を面接官に与える恐れがあります。

リクルートスーツしかない。という場合は中のブラウスの色だけでも変えると印象は変わります。

面接官が見ているポイント

中途採用などの場合は即戦力を求められていますが、同時に既存の社員と対立しそうな方は面接で排除される傾向があります。

どんなに能力がある方でも争いの火種になりそうな人材は面接の段階で候補者から外す面接官もいらっしゃるようです。

とはいえ面接の限られた時間内でその人の人柄などがすべて把握できるわけではないので、結局のところ第一印象が大事になります。

スーツで合否が決まることはあまりありませんが、第一印象は良いほうがいいですよね。

自分のよい部分が面接官へ伝わるようなスーツを選びたいです。

面接を受ける業界がファッションセンスなどを重視する業界ではない限り、就職の面接は万人が見て嫌な印象を持たない格好で挑むほうが無難のようです。

面接で好印象を与えやすいスーツ

キチンとした印象があり、カッチリと固くなりすぎないスーツは誠実な印象を持ってもらいやすいです。
色はあまり老けて見えない色を選ぶといいですね。

明るい色のスーツは、朗らかなやさしい印象をもってもらいやすいです。
無駄なものがないシンプルなデザインなのでキチンと感も持ってもらいやすいスーツです。

パンツスーツはアクティブに仕事に挑むような印象を持ってもらいやすいです。
立ち姿を鏡でチェックして面接に挑むといいですね。

スタイリッシュな印象を持つパンツスーツは仕事以外のシーンでも活躍します。
一枚持っていると重宝します。

シンプルで大人の女性だから似合うスタイリッシュなスーツです。
面接以外のシーンでも着回しができる重宝できるスーツです。

スーツ以外に気を付けたいポイント

面接用にスーツだけに気を配るのではなく、持ち歩くアイテムも気を付けたいです。

鞄は派手すぎず、A4サイズの書類が入るものを持ち歩いておくと、書類を渡されてもスマートに鞄に入れられます。

意外と目立つのが靴です。

高級品でなくても大丈夫なのですが、汚れた靴だと目立ってしまいます。

面接へ出かける前に靴も確認しておいたほうがいいです。

毎日化粧をしているとついいつものようなメイクで行ってしまいそうですが、面接ではナチュラルメイクが無難です。

薄すぎるメイクも不健康そうな印象を持たれてしまいますが、面接会場へ行く前に一度チェックしておきましょう。

面接はパンツスーツorスカート

新卒者の就活でも話題になる問題ですが、スカートかパンツスーツなのかという事で合否は関係なさそうです。

汚れやしわなどがないスーツをであればどちらでもよいようです。

パートやアルバイトの面接の服装

パートやアルバイトの面接は、以前だったらカジュアルな服装でも問題はないようですが、オフィスなどで働く場合はスーツを着用する方が増えたようです。

業種によってはスーツでなくても落ち着いたブラウスにスカートなどの服装で面接を受けられているようです。

「面接はカジュアルなスタイルで」と言われても本当に普段着で行くと面接官によっては印象を悪くされる方もいるので服装選びは本当に悩みますね。

アパレル関係や美容関係などファッションセンスを求める業種でない限りアクセサリーなども目立つようなものは外して面接を受けられたほうが無難です。

スーツは個性ではなく、キチンと感を重視して面接へ

自分をアピールする機会である面接ですが、面接に選ぶスーツは個性ではなく、清潔感があり誠実さを印象付けるようなキチンと感があるものを選ぶ方がよいようです。

もしもこれから面接を受けられる場合にスーツを選ぶ場合は個性的なファッションセンスの前に誠実な印象があるかどうかを考えて選ぶとよいのではないでしょうか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ