【花粉症対策】花粉症に悩む人必見!!花粉症用のメガネの選び方

毎年花粉症に悩んでいる方はたくさんいます。ある日突然花粉症になる人もいるみたいです。花粉症の対策のひとつとして選ばれる花粉症用のメガネ。突然花粉症になっても困らないように花粉症対策メガネを選ぶ重視すべきポイントについて調べました。

花粉症って?

春になると花粉症対策に苦労している方が多くいます。

花粉症はスギ花粉などの花粉に対して体内の「免疫抗体」というものが過剰に産生してしまい、主に鼻水やくしゃみ、目や皮膚のかゆみなどを引き起こしています。

メガネをつけている人の花粉症対策について

花粉症の治療も進んでいるようです。

花粉症を和らげるために室内に花粉を持ち込まないように気を使ったり、花粉症に効果があるとされる食品を食べたりして少しでも花粉症の痛みが和らぐ努力は欠かせません。

マスクの着用やメガネも花粉症対策として使われています。

花粉症対策メガネを選ぶ時のポイント

メガネのくもり対策

メガネは構造的にマスクをつけてめがねを着用するとくもります。
花粉症用のメガネのほとんどはくもりにくいようにくもり止めのガラスを使用するなど対策しています。

とはいえ、マスクを着用するとメガネがくもることもあるので、店頭での試着の際はマスクを持参してくもり具合を確認しておきましょう。

メガネのフィット感

実際に店頭で試着してみましょう。
普段からメガネを着用している方にとっては当たり前なことなんでしょうが、普段メガネをしない人が、花粉の時期だけメガネをはめるとフレームで耳が痛くなったりします。
着用時のフィット感が良くないとストレスになりますで店頭で実際に着用し、しっかりチェックしましょう。

メガネの機能性

花粉症用メガネの一番の機能性とはやはりカット率ではないでしょうか。
ほとんどのメーカーが出されている花粉症用のメガネの花粉カット率は高めです。
しかし数値だけで判断はせずに実際にメガネを着用してみての判断をお勧めします。

カット率の数値がよくても、実際に見ることに対して不便さを感じないのかなど着用して確認したほうが良いと思います。

メガネのデザイン

ゴーグルタイプで花粉から目を守るタイプがありますが、普段の生活でそれを着用して外出できるという方は少数派だと思います。

普段の生活に支障がでないようなデザインのメガネがいいですよね。

花粉症対策のメガネ JINS

JINSの花粉症対策用のメガネは花粉を約98%カットすると発表されています。
デザインも豊富にえらべます。

JINSの花粉症対策用のメガネは一緒にマスクをしても曇りにくい、特殊なコーティングをレンズに施しています。

普通のメガネのように自然な見た目でありながら、従来品と変わらない花粉カット率最大98%を実現しています。

ノーズパッドとテンプルエンドは、自分で幅や角度を調整可能なデザインもあります。

花粉症対策用のメガネは度がつけられないものもおおくありますが、オプションで度つきレンズへの変更が可能です。

メガネフレームに光触媒を塗布することにより、花粉のアレルゲンを除去し、メガネフレームを清潔な状態に保つことが可能になります。

アレルギーを引き起こす花粉以外にも、黄砂やPM2.5、紫外線を防ぐことができます。

目がかゆくて悩んでいる方は選択の一つとして選んでみてはいかがでしょうか。

花粉症対策のメガネ 2

Zoffの花粉症対策用のメガネはゴーグルタイプの花粉症対策用のメガネは約98%カットすると発表しています。
デザインが豊富にあります。

ゴーグルタイプでない花粉症対策用のメガネの場合は度つきのレンズを選ぶことが可能です。
フレームがおしゃれなものが多いのでファッションとしても楽しめます。

Zoffの花粉症対策用のメガネもくもりにく加工がされています。(度つきのレンズの場合は標準装備ではありません)

顔のカーブにそった形状で花粉の侵入をしっかりガードするゴーグルタイプの花粉症対策用のメガネのカット率は98.4%です。

花粉症対策のメガネ 3

眼鏡市場の花粉症対策用のメガネは花粉を約98%カットすると発表されています。
メガネフレームのデザインも豊富で選べます。

花粉防止メガネでどれだけの花粉をカットできるのか実験されています。
花粉防止メガネを付けた時と、裸眼の時の花粉のカット率が一目瞭然です。

眼鏡市場の花粉症対策用のメガネはくもりにくい加工がされています。
レンズの前面には反射防止、レンズの後面にはくもり止め加工のコーティングを施したUVカットレンズがつかわれています。

眼鏡市場の花粉症対策用のメガネは深めのフード設計を採用しています。
花粉のカット率は最大98.8%と高く、花粉を防いでくれます。

花粉症用のメガネを上手に活用しましょう

どんなに花粉症用のメガネが優れているといわれても、花粉症用のメガネに抵抗がある方もいるでしょう。
いつも花粉症用のメガネをつけるのではなく、自転車やバイクでの通勤時だけや、花粉が多い時などから始めてみてはいかがでしょう。

目のかゆみに悩ませられる方にはおすすめです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ