いらない洋服で社会貢献!着なくなった洋服のリサイクル活動

サイズが変わった洋服や、流行おくれの洋服。思い切ってスッキリと断捨離してみませんか?ところで着なくなった洋服はそのまま捨てますか?リサイクルショップや知人に譲るほかに、洋服のリサイクル活動を利用してみませんか?不要な服をリサイクルして社会貢献してみませんか?

あなたの洋服クローゼットに収まっていますか?

あなたの洋服はきちんとクローゼットに収まっていますか?

今の体型にあっていない洋服、流行おくれの洋服、落ちないシミや汚れ、穴が開いたものなどなど。

たくさん洋服を持っていても実際に着る事ができるのはほんのちょっと。

洋服は定期的に整理することが大切です。

衣替えなどを利用して服の断捨離をする方もいますが、意外と多いのがクローゼットに入れっぱなしで持っている洋服を管理していない方。

クローゼットの中が気になる方はこの機会に整理してみませんか?

洋服の断捨離はときめきを大事にしましょう。

シーズン中に一度も袖を通さなかった洋服は基本的に必要のない洋服です。

思い出の洋服や、ダイエットしたら着ようと思っているサイズが合わなくなった洋服も本当に必要なのかもう一度考えましょう。

クローゼットから洋服を出していたら、同じボーダーのシャツが何枚も出てきたらやっぱりそれは買いすぎかもしれません。

同じようなデザインの洋服がいくつも持っている場合は、特大サイズのクローゼットでもない限り、数を絞りましょう。

洋服の整理は、今、ときめきを感じないものは今後も袖を通す確率はかなり低いです。

洋服の流行は常に変化しています。
レトロなファッションが流行しているからといって取っておいても残念ながらそれは微妙にデザインが変わっているので、捨てずにとっておいた洋服が必ずしもおしゃれな洋服とは限りません。

勿体ないから「いつか役に立つ日が来るかも」ととっておいてもその「いつか」が来る確率はほとんどありません。

それよりクローゼットをすっきりとかたずけて毎日を快適に過ごしたほうがいいと思いませんか?

洋服の断捨離をするとぎゅうぎゅうのクローゼットがすっきりと片付きますし、洋服のコーディネートも楽になります。

ところで、いらない洋服はどうしますか?

お住いの自治体によっては資源ごみとしたり、可燃ごみとしたり様々ですが、ごみとして捨てますか?

子どもの洋服やサイズが合わないブランドものの洋服は知人に譲ってもいいですね。

特に小さなお子さんをお持ちの方はおさがりの洋服を喜ばれる方が多いです。

ネットオークションやフリーマーケット、リサイクルショップで売っちゃうという手法もあります。

ブランド物の場合は思わぬ高値がついてちょっとした臨時収入にもなります。

それでも残ってしまった洋服はゴミとして捨てるしかないのでしょうか。

もうひとつ着ない洋服を寄付するというリサイクル活動があることをご存知でしょうか?

断捨離した洋服はそのまま捨てればただのごみ。

だけどその洋服で誰かを助けることができるのならば不要の洋服のリサイクル活動に参加してもいいですよね。

捨てるはずの洋服をリサイクルできて社会貢献できるのならば、不要な洋服を手放すことにも罪悪感は薄くなりませんか?

着ない洋服でリサイクル活動   H&M CLOSE THE LOOP

世界的に人気のショップH&Mは洋服を店舗に持っていくと回収してくれます。

しかも、持ち込んだ袋1つにつき、3,000円以上のお買い物で使える500円割引クーポンを貰えます。

自社商品に限らず、どんな洋服でも回収してくれるので選別する必要もいりません。

持ち込む袋に制限数はありませんが、1日で貰えるクーポンは最大2枚。

お買い物のついでに、断捨離した洋服を持っていくという節約上手な方もいます。

着ない洋服でリサイクル活動  UNIQLO 全商品リサイクル活動

不要になったUNIQLO/GU商品を店舗に持っていくと回収してもらえます。

リサイクルするために店舗に持ち込まれた洋服たちは、世界各国の難民キャンプで生活する子ども達や、妊産婦さんの元に届けられます。

UNIQLOとGU商品のみ対象となります。

UNIQLOのレジ付近に全商品リサイクル活動に関するポスターを貼っているのでご覧になった方もいるのではないでしょうか。

受け取る人へ良い状態で洋服をお届けできるようにきれいに洗濯し、ポケットなどに貴重品がはいってないかチェックして店頭へ持っていきましょう。

着ない洋服でリサイクル活動   古着deワクチン

不要になった洋服を送り世界の子ども達にワクチンを贈れるリサイクル活動もあります。

古着deワクチンは、不要な洋服などを送り、送られた洋服などは主に開発途上国で再利用され、あわせて1口につき5人分のポリオワクチンを届けることで子ども達の命を救う活動です。

さらに赤ちゃんに関する商品サイト「赤すぐnet」でご利用いただけるクーポンも貰えるそうです。

断捨離した洋服を捨てるのに抵抗がある方も、洋服のリサイクルという社会貢献の形をとれば洋服を手放すという罪悪感が薄らぐのではないでしょうか。

捨てるはずだった洋服をリサイクルし、誰かの命をつなぐという活動です。

無理をしないでできる社会貢献の一つです。

着ない洋服でリサイクル活動   リサイフク

まだ着ることができる洋服を捨てる事に罪悪感を感じる方はこんな方法もあります。

ダンボールに詰めた洋服やバッグを送り(送料無料)で、査定額+10%上乗せの金額が、世界の子ども達に寄付されます。

洋服をそのまま海外へおくるサービスではなく、査定した金額に10%上乗せされた金額が世界の支援が必要な子どもたちへ送られます。

ちなみに送られた洋服はリユース商品として販売されるようです。

洋服のリサイクルを送る前に気を付けたいこと。

洋服のリサイクルですが、自分が使わなくなった洋服を次の誰かが使うのだという事を忘れて、自分が不要な洋服というだけで送る方も残念ながらいらっしゃるようです。

洋服のリサイクル活動は不要なものを引き取る活動ではありません。
少なくともボロボロで着古した洋服や、汚れが酷いものをリサイクルする洋服として送るのは人としていかがなものでしょう。
次に着る人のために洗濯して送るという事も基本です。

洋服のリサイクル活動は回収できない洋服の種類もありますので注意事項を理解して送るようにしましょう。

洋服のリサイクルの他にも消費者としてできること。

毎年たくさんの洋服が作られ売られそして消費されます。
洋服を作るための資源は有限です。
この大量生産、大量消費というサイクルはどこかでとめる必要があるという事は気づいている人も多いのではないでしょうか。

生産者はニーズがあればそれにこたえるために作り続けるでしょう。
しかし、作って売るだけではいけないと考える企業もあり、リサイクル活動を進める企業も増えてきました。

消費者である私たちも、単純にリサイクルすればいいという考えではなく、消費に対してもっと真摯に考える必要があるのかもしれません。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ