おしゃれ度が大幅アップ!こなれ感があるシャツの結び方をご紹介!

おしゃれコーデに一役買ってくれるシャツ。シャツを使ってさらにおしゃれにみせるために、腰でキュッと結ぶのもおススメです。よりこなれた感じを出すためには、結び方がポイント。今回は、おしゃれにみせるシャツの結び方をご紹介します。

裾の結び方ひとつでぐっとシャツがおしゃれに!

シャツは、着るだけじゃもったいないんです。
ブラウジングはもう定番だし、ちょっと個性を出したいところ。
前結びや腰結びをして、シャツをコーデに活用するのがお手軽です。

しかしシャツの結び方って、意外とちゃんと考えた事ないのでは。
ただ何となく結んでいる人もいるかと思います。

だからこそ今年は、おしゃれなシャツの結び方をマスターして、夏のコーデにこなれ感をプラスしませんか。まずは、どんなシャツの結び方があるのか、チェックしてみましょう。

シャツの結び方はこれが基本!前巻き編

よく見かける結び方は前巻き!

シャツといえば、やっぱりこの前巻きですよね。海外スナップでもよく見かける前巻きの巻き方をマスターしておくと、どんなシャツにも使えて便利です。

基本の前巻き

シャツの前巻きの結び方は、とってもシンプルで簡単。しかもうまく結べると、リボンの形になるので、ぜひマスターしておきたい結び方ですね。

1 シャツの端と端を垂らす

まずはシャツの端と端をこんな風に、結びやすく準備します。
着た状態で結ぶ時は、シャツの前ボタンをある程度留めておくと、ラインが綺麗です。

2 結び目を作る

次に、通常の結び方で、1度結び目を作ります。
シャツの丈にもよりますが、1重巻きでいい場合は、ここで結び方は終了です。
2重巻きをしたい場合は、次の結び方へ。

3 上側を下に持ってくる

上になったシャツの部分を下に持って来ます。
結び方の中でも、結び目の綺麗さを左右する重要なポイントです。
シャツの表側が綺麗に見えるようにしましょう。

4 裾部分を反対に

今度は下になったシャツの裾部分を、グイッと反対方向にもっていきましょう。
この先先程の結び方のポイント同様に、表部分が表面に来るように調整すると綺麗です。

5 わっかに裾を通す

先程グイッと引いた下のシャツの裾を、上になっている部分で巻きます。
わっかの中から、シャツの裾を出し、シャツの結び目の形を整えれば、前結びの結び方は終了です。
これは、2重巻きになります。

ちょっとアレンジ!前巻き応用編

シャツの前結びになれて来たら、ちょっと結び方をアレンジするのも楽しいですよね。リボン型も色々と応用できるんです。

裾の長さを調整して

そんな前結びも、結び方は同じでも、シャツの裾をどのぐらい使って巻くかで、リボンの大きさが変わるので、シャツの印象も大きく違ってきます。

羽を大きく

こんな風にリボンの羽の部分を大きくとる結び方なら、よりシャツのガーリーさがアップします。
スカートなどとも相性がよくなります。

かっこよく

かっこよくシャツを着こなしたい時には、リボン部分がポイントです
片方だけ折り曲げて、片結びの結び方のようにすると、かっこよく決まります。

ゆるっと

さらには、ゆるっと感が欲しい時は、やっぱり1重巻きがおすすめです。
先程の巻き方をする際に、適度なゆるさを残すのがポイントで、リネンシャツなどによく合います。

片結び風に

さらに上級者シャツコーデを目指すなら、1重巻きで片結び風な結び方をするのも、素敵ですよね。ある程度ボリューム感があると決まるので、メンズシャツなどがおすすめの結び方です。

腰巻きにも合う!シャツの結び方

シャツの腰巻は結び方で、スタイルアップ!

パーカーやシャツの腰巻は、結び方が大切。
どんな結び方をするかで、ウエストマークの位置や、身体のラインの見え方が変わってきてしまうんです。

ちょっと低めに

シャツは、あまり高い位置で巻きすぎては、ちょっとダサくなってしまいます。
低めに巻くとこなれた感がでてきますよ。

ワンピースにも

ワンピースにシャツを巻く際も、腰骨の位置がベストです。
ベルト代わりになってくれます。

かっちりコーデに

端っこも整えると、きれいめになります。
大人っぽい結び方となり、かっちりコーデにも最適です。

結び目をずらして

結び目の位置を、あえて左右どちらかに寄せてみるのもこなれた感が出ておすすめです。
その際、シャツを綺麗に整えすぎないのも、ポイントですね。

カラフルシャツを

腰に巻く色を変えてもワンポイントになります。
色の組み合わせによって雰囲気がぐっと変わりますね。

応用次第でおしゃれが広がる!シャツの結び方

いかがでしたか。シャツは結び方次第で、色々な印象を作れます。
どこにどんなふうに結び目を作るかで、シャツの結び方はこなれ感が違います。
ぜひ色々と試してみて下さいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ