ピアスをしないとピアスホールはふさがる?ふさがるまでの時間とは?

ピアスをつけるために開けるピアスホールですが、ピアスをつけないとふさがってしまいます。しかしピアスホールはどのくらいでふさがるのでしょうか?そこでピアスホールがふさがるまでの期間と、ふさがらないようにするための方法を紹介します。

ピアスをしないとピアスホールはふさがるの?

ピアスホールを開けると、好きなピアスをつけておしゃれを楽しむことができるためホールを開けている方は多いですよね。

しかし気になるのは、ピアスをしないとピアスホールはどのくらいでふさがるの?ということではないでしょうか?

ピアスをしていないとピアスホールは時間が経つにつれて自然にふさがります。しかしどのくらいでふさがるかはあまり知られていません。

ピアスをつけていなくてもピアスホールがふさがることがないこともあります。そこで今回はピアスホールのふさがりについて調べてみました。

ピアスホールがふさがるまでの時間とは?

ピアスホールはどのくらいの時間や期間でふさがるのでしょうか?

個人差がある

どのくらいでピアスホールがふさがるかは個人差があるので、人それぞれです。
数時間でふさがる人もいますし、ふさがるまで何ヶ月もかかる人もいるのです。

ピアスホールが完成しているかにもよる

ピアスホールがふさがる期間は、ホールを開けてからどのくらい経っているかにもよります。ホールが完成していない場合はすぐにふさがってしまいます。

ピアスホールは傷と同じ状態です。人間の体は傷を修復する力があるので、ピアスホールもふさごうとする力が働きます。しかし、ピアスをつけっぱなしにすることでピアスホールが完成するのです。

ピアスホールがしっかり完成している場合はなかなかふさがりません。個人差もありますが、このようにピアスホールが完成しているかどうかでも異なるのです。

ピアスホールが塞がるとしこりになることも

ピアスホールがふさがった場合によくあるトラブルが、ホールのあった場所に「しこり」ができてしまうことです。この場合はどうしたらよいのでしょうか。

このしこりは自然と消えるものですが、ひどい場合は医療機関で切除してもらう必要があります。しかし小さなものであれば、またその上からピアッシングを行っても問題はありません。

ピアスホールをふさぎたくないなら…

せっかく開けたピアスホールをできることならふさぎたくないですよね。
どうしたらいいのでしょうか?

ピアスホールが完成するまではピアスはつけっぱなしにしなければいけません。特に初めの頃は少しの間ピアスをしないだけでもふさがるのです。

ピアスを外さなければいけない場面もありますが、体質によっては長時間ではなくてもでピアスホールがふさがることもあるのです。

ピアスホールが完成してからもピアスをしなければ、ピアスホールはふさがります。ふさぎたくないなら、ピアスをつける必要があります。

透明ピアスを使う

ピアスをなるべく見せたくない時でホールがふさがることが気になる時は、透明ピアスを使うのが良いでしょう。透明ピアスは金属アレルギーの方でも使うことができます。

透明ピアスのつけっぱなしには注意

透明ピアスはピアスホールがふさがるのを防ぐことができますが、透明ピアスによってトラブルが起こることがあります。

特に透明ピアスは金属アレルギーは起こらないからと過信しすぎるのはNGです。透明ピアスをつけっぱしにすると、トラブルが起きることもあります。

透明ピアスを何日もつけっぱなしにするのはやめましょう。透明ピアスはあくまでも使い捨てピアスです。

軟骨のピアスホールはふさがるの?

耳たぶではなく、軟骨にピアスホールを開けた場合はどうなのでしょうか?

軟骨のピアスホールは、耳たぶよりもピアスホールが安定しないとも言われていますよね。確かに耳たぶと軟骨には様々な違いがあります。

それは軟骨は耳たぶと違って皮膚が再生しないので、ピアスホールもふさがることがないのです。

軟骨ピアスはふさがることがないので注意を

軟骨にピアスホールを開けると、ピアスホールは自然とふさがることはほとんどありません。軟骨にピアスホールを開ける時はよく考えるようにしましょう。

ピアスホールがふさがるまでについて

ピアスホールがふさがるまでについて紹介しました。ピアスをしていないとピアスホールは自然とふさがるものですが、ピアスホールの状態や個人差により、期間はそれぞれ違いがあります。今回の記事を参考にして、ぜひピアスを楽しんでくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ