記事ID114420のサムネイル画像

ロングカーディガンで大人スタイル!ユニクロのオススメコーデ

近年、アパレルショップに並ぶ秋冬物のポピュラーなアイテムとなっているのがロングカーディガン。特に力を入れているのがユニクロです。そこで今回は、数あるロングカーディガンの中からユニクロのロングカーディガンに着目、オススメのコーディネートをご紹介致します。

今、ロングカーディガンが人気の理由

秋冬のトレンドはロングカーディガン

一昔前まではカーディガンといえば腰の辺りまでの丈が一般的でした。
アンサンブルとして販売されているようなものや、ロングでも学生服として着るようなデザインのものが主流ではありませんでしたか?
ですが、最近では膝丈あたりまでや脛の辺りまでもあるロング丈・マキシ丈が流行です。
なぜ今こんなにも長いカーディガンが人気なのか、その人気に迫ります。

コーデの幅が広がる

印象が格段に変わるロングカーディガン

ロングカーディガンを1枚着るだけでシックなスタイルがエレガントに、シンプルなスタイルがゴージャスに。
もちろんカラーや柄にもよりますが、たった1枚なのに見た目の印象が驚くほど変わります。
「そんなのロングカーディガンじゃなくても一緒でしょう?」そう思いますよね。
確かに、トップスやボトムス、アウターによってもアイテムひとつで印象が変わります。
ですが、ロングカーディガンにある、他とは違う見た目の印象を変える理由、それはロングならではのメリットだったのです。

知らないと損をする

メリットと3つのポイント

ロングカーディガンを着ることで期待できるメリットと3つのポイント、それは
・丈が長く縦長効果が期待できる
・裾が揺れることで女性らしい雰囲気を演出してくれる
・サイドラインを引き立たせ細身効果が期待できる
この3つが重要なポイント。
どんなスタイルにも合い、見た目の印象をがらりと変える3大要素がロングカーディガンにはあるからなんです。

バリエーション違いでゲットしたくなる?!

同じデザインなのに違う印象に

こちらの写真は先述のコーディネートと色違いのバリエーションです。
中のシャツとカーディガンの色を変えただけでこんなにも印象が違って見えるんです。
着回しに特化したアイテムと言えるのではないでしょうか。
ロープライスで購入できるので気に入ったデザインのものがあれば、カラー違いで2~3枚持っていてもいいかもしれませんね。
もちろん、1枚あればトップスとボトムスを変えるだけでまた違った印象になるので1枚あるだけでも重宝しそうなアイテムになることでしょう。

レディースコーデに必要なのは?

自分が人からどう見えるのか

自分の好きな色、好きな形、好きなアクセサリー。
ファッションは自分の好きなものを身につけたくなるものですよね。
ところが、知らない間に大きな落とし穴に落ちている!なんてことになっているかもしれません。
必ずしも自分の好きなスタイル=自分に似合う服にはならないからです。

でも好きな服が着たい

客観的に自分をみつめた上で選ぶアイテム

人間は、どうしても自分で見える部分ばかり気にして目の届かないところは疎かになってしまうもの。
「見えないところはセルフタイマーや他人に写真を撮ってもらったり、鏡で反射させて見たり、360度上下左右どの場所から見ても良く見えるスタイルが自分に合ったコーディネートだから見えない部分を一番に気を使っている」
と、とある有名人がインタビューに答えているのを目にしたことがあります。
ですが、他人の目を気にして服を着るなんて・・・って思いますよね。
誰でも自分の好きな服を着たいはず。
でも気になる部分を隠してしまったり見えないからと放置してしまうと結局同じ結果に・・・

気になるからと、全てを隠さないのがルール

その服太ってみえない?

気になるお腹や足などを隠すために体に合っていないゆったりしすぎた服で体系を隠す方もいらっしゃいますが、それで余計に太って見られた経験はありませんか?
そこで、そんな状態をカバーできるのがロングカーディガンです。
前は開いていて体のラインがしっかりと分かるのに対し、バックスタイルはお腹も太ももも二の腕も、気になる部分がしっかり隠れてくれるんです。
そして足元をすっきりさせていればそれだけでシルエット美人に近づきます。

秋冬だけじゃない!軽くて薄い春夏スタイル

春先はレース編みがオススメ

レース編みや軽いサマーニットの薄手ロングカーディガンがオススメ。
淡いカラーなら春らしく明るい印象に。
黒などの濃いカラーなら強くで引き締まった雰囲気に見せてくれます。
季節の変わり目は気温の変化が激しいもの。
まだ朝夕の気温が下がりやすい季節なので通勤通学に使えるかもしれませんね。

冷房は天敵!

夏場は室内外の温度差が激しく、冷房の効いた室内では風邪をひいてしまう事も。
そんな時には春夏にも使える薄手のカーディガンがオススメ!
薄手なのでカバンに入れての持ち歩きにも便利で、寒がりな女性の味方になってくれます。
ロング丈なので肩にかけてもオシャレですよね。
肩にかける際にもそのまま袖を通さないスタイルや袖を肩にかけて前で結ぶスタイルなど、かけ方によっても印象が変わりますよね。

サマーカラーで夏感UP!

サマーニット素材やオーガンジー、レース編みのカーディガンなどは、ちょっと着のアイテムに重宝しそうですよね。
明るいホワイト・イエロー・オレンジなどサマーカラーで合わせると夏っぽくて元気な印象になります。
最近ではビタミンカラーが人気なので明るいカラーのロングカーディガンが店頭に並ぶことも多いのではないでしょうか。
流行に乗るとコーデの幅が広がっていきますね。

柔らかサラサラ

冬から春に変わる時期や秋先などの季節の変わり目には肌触りのやさしいシフォン素材はいかがですか?
やわらかくて薄手、少しの透け感が女性の艶やかに魅せてくれるので少し肌寒い時期にオススメです。
ワンピースやパンツスタイル、スカートなど、どのスタイルにも合わせられる素材なのでカジュアルなコーデにはシフォンのロングカーディガンでエレガントにスタイルアップできそうですね。

そんなに凄いの?ユニクロのロングカーディガン

豊富なカラーバリエーション!

ユニクロのロングカーディガンは種類とカラーが豊富!
同じ形でもカラーが違うだけで受ける印象がまったく異なります。
お値段もお手ごろなので色違いで数点手に入れるのもコーディネートの幅が広がりますね。
素材にも力を入れているので肌触りも良く、着心地のいいアイテムが手に入るのではないでしょうか。

商品の入れ替えが早い

ユニクロはシーズンごとに新しいデザインのアイテムを数種類発表しています。
もちろん、ロングカーディガンもそのアイテムのひとつです。
常に新作が出ているのでユニクロで購入したからといって、他人とコーディネートが被ってしまうという事も起こりにくいのではないでしょうか。
ですが、新作のローテーションが早いので「また今度買おう」と思っているとすぐ店頭から消えてしまう可能性もあるので要注意ですね。
ユニクロの店舗やオンラインで気に入ったら即決必至のアイテムかもしれませんね。

トレンドを逃さないユーザー目線

先述の通り、新作のローテーションが早いユニクロ。
購入者がどのようなデザインを欲しているか、今どのようなスタイルが人気なのか、
流行をタイムリーにリサーチして発信できるユーザー目線が人気の理由かもしれませんね。
シーズンごとに新たなアイテムに出会えるとお買い物が楽しくなります。
もちろんロングカーディガンにも反映されているので毎回ユニクロの新作が待ち遠しくなりますね。

ユニクロに新デザイン!ルメールとは?

ユニクロの新たなコレクション始動!

ユニクロは、2017年2月17日(金)より新コレクション『Uniqlo U』の販売を開始します。
これは、パリのデザイナークリストフ・ルメール率いるデザイナーチームによるコレクションで、
今までにない革新的なデザインの洋服を最先端の技術や素材を活かして取り入れ、ベーシックなものへと創り上げていくというユニクロの総力を上げた一大コレクションです。
ですが残念なことに、このコレクションではまだロングカーディガンのラインナップはありません。
ぜひとも、今後に期待していきたいですね。

ブログで紹介?人気ブロガーも愛用のユニクロロングカーディガン

人気ブロガーも愛用

ユニクロのロングカーディガン、実はブロガーがブログで紹介している率がとっても高いんです。
ちょっと検索をかけるとすぐにでてきてしまうくらいに・・・。
数々のブロガーがオススメしたくなるほど魅力的なユニクロのロングカーディガン。
お手頃なのに上質な素材を使っているからこその肌触りと着心地、そしてリブ編みのロングカーディガンには縦長のシルエットが強調されて女性らしいスタイルに着こなせます。
これがユニクロのロングカーディガンの人気のひとつなのではないでしょうか。

敬遠されがちなレーヨン素材

洗濯できないんでしょう?

ニットやカーディガンを買う時、気になるのが洗濯表示ですよね。
レーヨンの表示があるだけでデザインが気に入っていても買わない選択をされる方も多いのではないかと思います。
「レーヨンは洗濯できない」
「クリーニングにわざわざ出さなくては・・・」
「前に間違って洗って縮んでしまったからもう失敗したくない」
そう感じている方も多いはず。
実はこのレーヨンすべてが洗濯できないわけではないんです。

ウォッシャブルレーヨンという救世主

レーヨンに特殊加工を施した素材、
その名も
「ウォッシャブルレーヨン」
最近では、ニットアイテムの素材にウォッシャブルレーヨンを使用するブランドが増えています。
もちろん、ユニクロのレーヨンアイテムもウォッシャブルレーヨンを使用しているアイテムが多数あります。
このウォッシャブルレーヨンがもっと世に普及すれば
「誤って洗濯してしまい生地が縮んでしまう!」
などという悲劇に見舞われることも少なくなるかもしれませんね。

メンズライクにカジュアルダウン

ロングカーディガンをカジュアルに

ここでは、ロングカーディガンを使用したメンズライクなスタイルをご紹介致します。
王道なカジュアルスタイルから少しオシャレ上級者なコーデも盛りだくさん。
「この組み合わせの発想はなかった!」
という新しい発見があるかもしれません。
ぜひ普段のファッションのご参考にしてみてください。

ホワイト×ブルーは王道カラー

シンプルな白のTシャルにデニムを合わせた爽やかカジュアルコーデ。
ここにブルーのロングカーディガンを肩掛けにしたことで爽やかさに重みをプラス。
軽すぎず重すぎず、シンプルを守ったままカジュアルある過ぎない
「ちょうどいい」コーディネートになっていますね。

王道カラーもベージュで違った印象に

コチラもホワイト×ダージジーンズのカジュアルスタイル。
先ほどのカラーとは違い、カーディガンをベージュにすることで一気にカジュアル×エレガントにはや変わり。
色が違うだけで印象ががらりと変わりますよね。
袖が長めなので女の子らしい可愛らしさもプラス。

スニーカーとデニムでカジュアルダウン

このホワイトのロングカーディガンはシルエットがとてもエレガントに見えるアイテムですが
デニム×スニーカーで一気にカジュアルダウン。
ロールアップにして靴下を見せているのも高ポイントですね!
バッグがレザーでカジュアルになりすぎていないところもオススメです。

ロングカーディガンで大人コーデ

スタイリッシュに決まる

どんなスタイルにも合うロングカーディガンはスタイリッシュな大人コーデにもピッタリ。
仕事の合間にちょこっとランチスタイルやセレブ感漂うオシャレコーデもロングガーディガン1枚でできちゃうんです。

オシャレなランチスタイル

ロングカーディガンを肩掛けにしセクシーな印象に。
トップスの赤とパンプスの青が全体を引き締めてまとまりのある大人なスタイルに仕上がっています。
ポップなクラッチバッグが外しアイテムになっていていいですね。

大人カジュアル

白黒でまとめたスッキリシルエットのコーディネート。
サングラスをしていてもくどくならず、動きやすい上にスタイリッシュなコーデはまさに大人カジュアル。
パンプスがローヒールなのも推しポイントです。

まるで海外セレブ

ローカットスニーカーにダメージジーンズを合わせたカジュアルライクなコーデ。落ち着いた色合いの中でもカラーが豊富なボーダーロングカーディガンでメリハリのあるスタイルに。
バックシルエットはまさに海外セレブ。

ユニクロのロングカーディガンを使ったコーディネートを一挙にご紹介!

ピンクベージュで寒くても春らしく

インナーのホワイトシャツとスキニーデニムでカジュアルになりながらもポインテッドトゥのショートブーツ&ファーバッグなどのアイテムで暖かくコージャスアップな雰囲気に。ピンクベージュのロングカーディガンが全体的に明るい印象にしてくれています。

動きやすいママコーデ

スカンツ×スニーカーで動きやすいママコーデ。
ホワイトとピンクで明るいながらももこもこ素材のロングカーディガンで冬感を演出。
可愛らしい愛されコーデですね。

黒と白でメリハリを

全体的に黒で統一しながらもトップス・スニーカー・バッグの白がモノトーンコーデをまとめています。
また、オレンジのマフラーがさし色になっていてとても魅力的ですね。
ぜひとも前からのアングルでも見てみたいです。

ニットの帽子で可愛らしく

ボーダーのTシャツにスウェッパンを合わせ、ルームウェア感がありながらもニットの帽子とロングカーディガンでお出かけスタイルに。
スニーカーを合わせてカジュアルなコーディネートになっています。
これをパンプスに変えると、さらにファッションアップなコーデになるかもしれませんね。

ポイントは紳士靴スタイル

デニム×ボーダーの王道カジュアルスタイルにハット×紐革靴を合わせることでファッショナブルに。
メンズライクな革靴はロールアップとマッチしていてオシャレに着こなしていますよね。
流行の紳士靴スタイルがスタイリッシュに決まっています。

最後に

ユニクロのオススメロングカーディガン、いかがでしたか?
シーズンごとに新しくなるユニクロのアイテム情報をいち早くげっとして素敵なユニクロコーデを試して見てくださいね。
年中問わず着用できるロングカーディガンでオシャレにスタイリッシュなファッションライフをお過ごしください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ