記事ID38670のサムネイル画像

【画像有り】あなたは上下スウェット姿で街を歩くことができますか?

上下スウェット姿の人を街で見かけたらあなたが最初に思うことは?そしてあなた自身は上下スウェット姿で外に出歩けますか?2000年代前半に流行したスウェット・スタイル、好んで着ていた懐かしのセレブ達を見てみましょう。そしてスウェット着こなしのポイントチェック。

あなたはスウェット上下で出歩けますか?

上下スウェットの破壊力

あなた上下スウェットで外を出歩けますか?またはやったことがありますか?絶対無理!という方も多いのではないでしょうか。この写真のアン・ハサウェイのように上下スウェットで出歩くとまるで別人のようになってしまう破壊力があります。だけどそもそもスウェットって何?

運動目的には最高!

上下スウェットは運動に適していることが分かりました。しかし2000年代前半には運動目的でも無いのに上下スウェットで外出するのは流行していました。当時も「だらしがない」「ヤンキーみたい」「おしゃれではない」という否定的な意見がほとんどでしたが、今でもその味方は変わりません。

当時人気だったブランドと言えば、、、

スウェット上下でコーディネートするのが好きだった人には懐かしい、ジューシー・クチュールやジプシー05と言ったブランド。そして上下スウェットの代名詞的存在だった人物といえばお騒がせセレブのハシリだったパリス・ヒルトン!

スウェット上下と言えば今は懐かしきパリス・ヒルトン

上下スウェットの代名詞パリス・ヒルトン

2000年代前半のファッションやセレブゴシップはパリス・ヒルトンありきでした。そんなパリス・ヒルトンも好んで着ていたのがスウェットの上下。マダム・タッソー館に設置されたパリス・ヒルトンの蝋人形も上下スウェットを着ていました。左が本物のパリス・ヒルトン。

戦隊が組めるくらいのスウェット・コレクション

上下スウェットを着て出かけるのが好きだったパリス・ヒルトンは5人戦隊が組めるほどスウェットを沢山持っていました。どれも原色でハデハデ。現在はDJまたは実業家として成功しており、上下スウェットで出かけていた頃のようなゴシップを聞くことが少なくなりました。

上下スウェットでいたわけ

パリス・ヒルトンが好んで上下スウェットを着ていたのはファッションとしてだけではありませんでした。あの頃のパリス・ヒルトンは世界を股にかけて活躍する「お騒がせセレブ」。アメリカ国内や海外を頻繁に飛行機で移動するパリス・ヒルトンにとって上下スウェットという格好は機内で快適に過ごす大切なアイテムだったのです。この写真はロサンゼルス空港にて。

水色のスウェット上下

メルボルン空港にて妹のニッキー・ヒルトンと。機内は上下スウェットで過ごすので、待ち構えているパパラッチが写真に収めるのは必然的に上下スウェット姿のパリス・ヒルトンになっていました。だけど上下スウェットが似合いますね~。

こちらも空港で

ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港にて。

上下スウェットで可愛く決まっているセレブがいた!

記事番号:38670/アイテムID:1244472の画像

出典:NULL

エヴァ・ロンゴリアの上下スウェット姿に注目!

だらしなくてヤンキーに見えがちな上下スウェット姿でもおしゃれに可愛く着こなしているセレブがいました!ドラマ「デスパレートな妻たち」を観ていた方なら記憶にあるはず、エヴァ・ロンゴリア演じるガブリエルが着ていた水色のスウェット。

元スーパーモデルという役柄

エヴァ・ロンゴリアの演じたガブリエルは元スーパーモデルという設定。それでガブリエルはモデルを引退してからもジョギングやヨガ、ピラティスなどを欠かしません。そんな時に可愛い上下スウェット姿を披露していました。

プライベートでも!

上下スウェット姿のエヴァ・ロンゴリアを発見!足元のムートンブーツがポイントです。こんなにスタイリッシュに着こなせるのはエヴァ・ロンゴリアのゴージャスさが成せる業。

赤も似合う!

上下スウェット姿ですが、ヘアセットもメイクもしっかりしているのでだらしなく見えません。

ジム通いにスウェット

これは完全にジムから出て来たエヴァ・ロンゴリア。シャワーも浴びたようです。ジム通いには上下スウェットが機能的で楽チン!

スウェット封印

さすがにパリでの上下スウェットは想像できないかも。ロサンゼルスという開放的な雰囲気だからこそ自然に感じる上下スウェット姿なのでしょう。

上下スウェットで出かけるなら是非運動目的で!

上下スウェットはTPOをわきまえて

運動着、また部屋着としてとても便利なスウェット。是非スウェットが本来の役目を発揮できる場面を選んで着てみましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ