記事ID45974のサムネイル画像

捨てるのはもったいない…!ニットをリメイクしておしゃれに再利用

古くなったニットをどうしようか迷っている方。簡単なリメイクでおしゃれに再利用できるんです。小物から、身に着けるものまで様々な使い道があるんですよ。簡単なニットのリメイク方法と、リメイク作品をご紹介します。冬のおしゃれを手作りで楽しんでみませんか?!

簡単なリメイクでニットの再利用!

貴方のおうちに、着なくなったニットありませんか?
ニットもリメイクすればまだまだ使えます!
今回ご紹介する、ニットのリメイク方法を試して
再利用してみてましょう!

それでは、さっそくご紹介して行きます!

切るだけでカーディガンに変身!ニットのリメイク

まずは、着なくなったニットを使って「カーディガン」を作る方法をご紹介したいと思います!

1 そで、えり、すそを着る

そで、えり、すそを好きな長さに切ります。
前の開きとなる真ん中もザクザクッと切りましょう。
優しく扱えばほどけたりする心配はないです。

2 見返しを作る

見返しになる型紙を起こし好きな布で見返しを作ります。
裏には接着芯をつけましょう。
見返しを縫ってもいいですし、バイアステープで処理しても良いですよ。

3 見返しと本体をつける

見返しと本体をつけます。

4 端をまつる

前の開き、袖、すそをニット用の糸でまつります。ここは手縫いのほうが失敗しないと思います。

5 完成

これで完成です。
前はピンでとめてもいいですし、ボタンをつけてもいいですね。

リメイクして小物が入るポケット付きニットに!


続いては、ニットの丈を詰めて、ポケットを加えたニットのデザインをリメイクする方法をご紹介したいと思います!

1 印をつける

お好みの長さの丈を決め、しつけ糸で印をつけます。
裾の折り返し(ヘムといいます)のステッチを目打ちでほどきます。

2 ヘムを伸ばす

折り返し部分の跡をアイロンで伸ばします。
印をつけたところから下3cmのところにチャコで印をつけ、はさみでカットします。

3 裾を処理する

裾にジグザグミシンをかけます。

4 ポケットを作る

共布でポケットをつくります。
足りない場合は他の布を使いましょう。

5 ポケットを縫い合わせる

表布と裏布を、中表に合わせます。
返し口を残して、縫い合わせます。

8 ポケットをしつけ糸で縫い付ける

カーブの縫い代にしつけ糸でぐし縫いします。
端は玉留めせず、残します。
ポケットの形に切った厚紙を用意し、表側から厚紙を当てて糸をひっぱると、きれいなカーブになります。

9 ポケットを縫い付ける

ポケットの端から2mm位のところにミシンをかけます。
これで完成です。

ニットの形を生かしてリメイクバッグ&ポーチに!

ニットをリメイクして作った可愛らしいバッグです。
形を生かしたリメイク作品です。

1 底とマチを作る

セーター前と後ろ見頃に ニット用接着芯を貼ります。
ちょうどよい大きさにカットして、底とマチを縫います。

2 裏布をつける

裏布をつけ、持ち手をつけて完成です。

ニットを使ってリメイクされた可愛い小物ポーチです!
これも簡単にできます!

1 袋状に縫う

裏に厚めの接着芯を貼ります。
飾りなどはつけておきましょう。
ファスナーをつけてから脇、底を縫い袋状に縫います。

2 差し入れ口を作る

中袋にポケットをつけてから脇、底と縫い袋にします。
中に差し入れ口をまつって完成です。

切って縫って…ニットリメイク作品!

袖口を着るだけで、マグカップのカバーに!
リメイクは苦手という方、まずはここから始めてはいかがでしょうか。

ネックウォーマーです。
切って端を処理するだけの簡単リメイクです!

ニットの柄をいかして、クッションカバー。
あったかい冬のグッズに変身です。

ミトンです。
これも冬にぴったりのアイテムですね。

ひとつのニットから、ふたつのアイテムが生まれました。
帽子と、スヌードです。
リメイクとは思えない、おしゃれアイテムですね!

ふたつのニットを使って、パッチワークスヌードです。
一工夫でぐっとお洒落度が増しますね。

小物入れにかぶせても、良いですね!
これも簡単リメイクグッズです!

前を開いて、カーディガン風に。
柄を活かしたいという方にはぴったりです。

袖を切ればベストにリメイクです。
フォーマルな感じが増しますね。

無地のニットに、かわいい飾りを縫い付けるだけのリメイクです。
同じニットを2段階で使える楽しみがありますね。

ニットをリメイクして、素敵な作品を!

さて、今回はニットのリメイク方法を
ご紹介しましたが、いかがでしたか?
ちょっとした工夫とアイディアで
着なくなったニットをもう一度使えるようになりますね!
是非、挑戦してみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ