記事ID56960のサムネイル画像

登山に必要なグッズはユニクロで十分とは本当か、低コストで登山

今はまだいるのか知りませんが山ガールとかいました。登山というとエベレスト級だと2億くらいかかりますが、ちょっとした登山ということだと思います、初心者が気軽にユニクロで登山準備できる、ユニクロなので低コストでそろえられる。ユニクロは便利です。

登山もユニクロ!

記事番号:56960/アイテムID:1830819の画像

出典:NULL

登山に行くときの服装もユニクロでそろうということです。
登山といってもエベレスト級の登山は無理ですが。
普通のひく~い山です。

エベレスト級の登山をしようものなら、2億円くらいはかかります
装備も重装備でなければとうてい頂上に到達することはできません

ユニクロ 登山服

ユニクロの登山につかえるズボン

季節にもよりますが登山のときは普通のズボンでいいと思います
ハーフパンツなどだと草とかあたったり蚊にかまれるかもしれません

自分はあまり蚊にもかまれないし、日本一低い山に登山するくらいだよって感じだと
短パンやハーフパンツショートパンツでいいとおもいました。

ユニクロと登山ウェア

ユニクロの登山ウエアという感じで売ってるみたいです
最近の山ガールに狙いを定めた感じかなと思いました。

夏はユニクロのエアリズムというのがいいそうです
名前の通りエアリーな感じで汗をかいても大丈夫な感じだとおもいます

ユニクロ 登山ファッション

ユニクロの登山ファッション

登山するのにファションをしてもしかたないような気がするのですが
ユニクロではそんなニーズにも答えているようです

その日の天候が雨なのか晴れなのか夏なのか冬なのかによって登山の服装はずいぶんかわる
ようなので十分注意して登山をしましょう。登山をなめていると大変なことになりかねません

登山でファッションをする理由となると、彼氏とかと行く場合なのでしょうか
そして登山の途中で一発やるかんじでしょうか
山小屋で一発やってそうです

ユニクロのメンズ向け登山ウェア

メンズの場合もレディース同様そのひの天候や季節によって適切な服装と装備で
登山をしましょう。
遭難した場合の非常食として缶詰もいれてほうがいいかもしれません

夏の登山の場合は日差しがまぶしい場合があるのでUVカット機能付きのサングラスを
装着することをおすすめします

目から入った紫外線は
肌のシミの原因になるともいわれているので
色白な人はより一層気を付けましょう

登山にも使えるユニクロのタイツ

ユニクロには登山ウェアとして、あったかいタイツも売っています
冬に登山をするときにとても役に立ちそうです

私の親も冬さむいときはよくタイツをはいていました
間違っても夏登山にタイツをはかないようにしましょう。デリケートゾーンがむれます

全身タイツで登山にいくと江頭2時50分と間違えられるかもしれないで気を付けましょう
タイツをはくと蒸れそうなので足しは遠慮してます

冬の登山もユニクロで

ユニクロで冬の登山につかえるアウターを

冬の登山で大事なのはタイツもそうですが上着です
ユニクロのウルトラライトダウンあたりでいいとおもいました。

冬の登山は標高の高いところに挑戦するならとてもさむくなる可能性があるので
しっかりアウターもきて防寒しておきましょう。

ユニクロの登山にも使えるインナー

冬の登山でもインナーはとえいあえユニクロのヒートテックで大丈夫だそうです
ヒートテックはとても人気ですよねわたしも買いました。

冬の登山でヒートテックではなく、半袖のシャツかタンクトップのシャツを
着ていくと寒くて寒くてえらいことになります

ことしの冬はとくにさむかたのでユニクロのヒートテックはとても役に立ちました。
見た目は普通のシャツとかわりないのですが温かいので、ユニクロでいい買い物でした。
さすがユニクロです

ユニクロの登山にも使えるダウン

さっきもでましたが冬の登山はウルトラライトダウンでOKです
もし熱くなってもコンパクトに畳めて邪魔になりません

エベレスト級の登山ではダウン一個では不可能です
もっと本格的な登山装備でいきましょう。
いつかお金をつくってエベレストにのぼってみたいですね

【まとめ】登山の規模によるけどそこら辺の登山ならユニクロで大丈夫

キリマンジャロやエベレストやムスターグタワーなどのぼるのであれば
1億2億を用意してシェルパを雇い上りましょう
ユニクロでは無理です

高さ6mの弁天山や高さ3mの日和山などに登山するくらいならユニクロどころかタンクトップとパンツ一丁で大丈夫です。

山ガールがどの程度の山に登るのがわかりませんが、そんな大した山じゃなければユニクロ
低い山ならパンツ1丁、エベレスト級の登山なら2億用意してください

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ