パカパカかかとから卒業!パンプスが脱げる原因と対策方法とは?

「パンプスがパカパカと脱げる」「脱げやすくて歩きにくい」という経験はありませんか?脱げるパンプスは足が疲れる原因にもなってしまいますよね。パンプスが脱げるのはサイズが合っていないからなのでしょうか。パンプスが脱げる原因と脱げにくくする方法をご紹介します!

かかとがパカパカ…脱げるパンプスはイヤ!

パンプスが脱げることでお悩みのあなた!

パンプスを履いて歩くと、かかとがパカパカ浮いて脱げてしまう事ってよくありますよね。パカパカなパンプスは時間がなく、早歩きしたい!という時に足にフィットせずうまく歩けない…ということもあるのではないでしょうか。

そのようなお悩みを持つ女性は多くいることでしょう…

パンプスは脱げやすい…

しっかりと足に合うパンプスを見つけるのは難しいですよね。
パンプスは足を支える部分が少ないため、脱げやすくなってしまいます。

パンプスをうまく履きこなせないのが悩み

パンプスをキレイに履きこなせると素敵ですが、脱げやすいという理由で、なかなかパンプスを購入出来ないという方も多いのではないでしょうか。

慣れないとパンプスが脱げることも!

パンプスを履きなれないという事で、脱げるという事もあります。

逆に、慣れてしまえば案外脱げないということもあります。

足を上げて歩くとパンプスが脱げる原因に

パンプスで歩くときはスニーカーのようにしっかり足を上にあげて歩くと、脱げる原因にもなります。パンプス用筋という筋肉があるそうなので、パンプスを履いて歩き、この筋肉を鍛えてみましょう。

パンプスが脱げる理由とは?

パンプスが脱げる理由①パンプスのデザイン

パンプスとは、つま先とかかとだけが覆われている靴のこと。スニーカーのように足を覆う部分が少ないため、歩いているときに脱げやすいのです。

パンプスのデザインからすでに、脱げる原因となっているようですね!覆われている部分が少ない上に、つま先が細く、靴の幅やかかとが広くなっているので脱げてしまっても無理はない形をしています。

パンプスが脱げる理由②サイズが合っていない

パンプスのサイズが足に合っていないと脱げる原因となります。
パンプスは他の靴とは違ってサイズが少しでも合わないと脱げてしまうのです。

パンプスはつま先が細くなっているので、歩きやすいサイズを見つけるのに苦労しますよね。つま先が窮屈でも、横幅が大きすぎたりすることがあります。

基本的にパンプスのサイズが大きいと脱げるものですが、かといって小さめのサイズを履いてしまうと足が痛くて履きたくなくなってしまいますよね。足に合っていないパンプスを履いてしまうと、骨盤がゆがんだり、外反母趾になってしまったりと、体に悪影響を及ぼしてしまいます。骨盤が歪むと全体的なバランスが悪くなり、猫背になってしまったりと、たかがパンプスと思っているかもしれませんが、体全体に影響するので注意が必要です!

つま先だけでなく横幅にも注意が必要!

足のサイズだけでなく、横幅のサイズが合っていないこともパンプスが脱げる理由になります。

パンプスを購入するときは、つま先の窮屈さだけでなく横幅もぴったりかどうかなどにも注意を向けることが必要です。

むくみが原因でパンプスが合わないことも…

履きたいデザインの横幅が合っていなくても、ついつい可愛いからと言って購入して、結局脱げてしまうので履かなくなった・・・なんていう事もありますよね。店内で試しに履いた時はぴったりサイズだったのに、、、なんてことありませんか?それは、むくみによってその時はサイズがぴったりだったけど、いざお出かけの時はむくみが取れていて、サイズが大きくなってしまった。ということがあります。

足は夕方3時ごろが一番大きくなる時間と言われていることがあるので、その時間帯はなるべく避けたほうがいいかもしれませんね!

パンプスが脱げる理由③左右の足の大きさが違う

パンプスが片方だけ脱げることはありませんか?
片方だけ脱げるのは左右の足の大きさが違うことが考えらます。

左右の足の大きさが違うのは片方が外反母趾になっている可能性があります。外反母趾になると、足が痛いだけでなく、足の指の形に異変が起こります。そのようになった場合は、つま先の広い靴や運動靴など、指に負担をかけないような靴を履くようにしましょう。

パンプスが脱げる理由④タイツが脱げやすくしている

パンプスはタイツやストッキングと合わせて履く事が多いですよね。
パンプスが脱げる原因はタイツやストッキングを合わせてパンプスを履く事にもあります。

靴下などは厚みもあり、その分しっかりと靴がフィットするので、脱げる可能性が少ないですよね。しかし、タイツやストッキングの場合はナイロンやポリエステルなど素材が薄いので、靴に隙間が出来てしまい、脱げやすくなります。

パンプスを履くために、ストッキングを選ぶことは普通ですよね。なので、パンプス用のストッキングを履くなどの工夫が必要になります!

パンプスを脱げないようにする方法とは?

パンプスを脱げないようにする方法①サイズが合うものを選ぶ

パンプスが脱げる主な理由はサイズが大きいことです。
足に合ったパンプスのサイズを選ぶようにしましょう。

パンプスは歩いてみるとサイズが合っていなかったということもあり、脱げることもあります。店内で試し履きをした時には、必ず店内を歩きましょう。

サイズが合っているのかわからない場合は店員さんに聞いてみるのがいいですよ。

パンプスを脱げないようにする方法②ベルト付きパンプスを選ぶ

パンプスが脱げることが気になる場合は、ベルト付きのパンプスを選ぶのもおすすめです。
足首や足の甲にベルトが付いているので足が固定され、脱げにくくなり、歩きやすくなります。

パンプスを脱げないようにする方法③外反母趾を治す

片方だけパンプスが脱げるのは外反母趾の可能性があるので、外反母趾を、治さない限り改善されません。一度病院等で相談してみるのも良いのではないかと思います。

脱げる手持ちパンプスの防止対策

新しく買うパンプスは以上の内容で少し脱げるのを防げるのではないでしょうか。
しかし手持ちのパンプスでお気に入りのものがあった場合。
インソールやパンプス用の滑り止めのアイテムをプラスしてみましょう。

それでは、脱げるパンプスの防止対策にぴったりなアイテムをご紹介します!

脱げるパンプスの防止対策①

SAMTIAS 薄型レザーインソール(レディース)

¥756  税込

インソールはパンプスのサイズ調節をしてくれます。
インソールの厚みで靴のサイズを調整すると大きめのパンプスは脱げにくくなります。

脱げるパンプスの防止対策②

村井 my美脚tool すきまささえ隊 ブラック

¥840 税込

土踏まずをサポートして、滑り止めの効果もあるインソールです。すきまを埋めてくれるので、パンプスなどがパカパカするのも防いでくれそうですね。

パンプスに敷くインソールは全体に敷くもの、半分だけのハーフインソールなどがあります。
履き心地にあわせてインソールを決めるのがいいですね。
サイズがフィットする事によって、脱げることを防止できます。

脱げるパンプスの防止対策③

らくじき らくジェル

¥ 2,000  税込

柔らかいジェルが足のアーチをカバーしてくれる中敷き。パンプスが脱げるといった防止対策にもばっちりです。

脱げるパンプスの防止対策④

コロンブス COLUMBUS フットソリューション マイフット 足指クッション 947368

¥630 税込

足が前に滑ってしまってしまうという場合の対策にはコレ。つま先のクッション素材になり、隙間を埋めてくれます。防臭効果があるのも嬉しいですね。

ヒールが高いパンプスは足が前に滑ってくることで脱げる原因になります。
そんな場合はつま先に滑り止めを敷くと滑りにくくしてくれ、脱げにくくなります。

脱げるパンプスの防止対策⑤

Dr.Scholl(ドクターショール) パーティーフィート ジェル・ヒール・シールド(かかと用) 1足分(2枚入)

¥558 税込

かかとがパカパカしてしまう靴にもフィットするかかと用。かかとの隙間を埋めてくれます。靴擦れも防止してくれます。

脱げるパンプスの防止対策⑥

RAGEBLUE 【消臭効果】DEOSUNNYインソール/725072

ずれづらく、よれないインソールで、痛みを軽減します。

脱げるパンプスの防止対策⑦

シューズバンド

パンプスが脱げるのは足とパンプスが離れやすいため。シューズバンドを付けて足とパンプスが固定して脱げにくくするという対策もあります。

100均アイテムでも脱げるパンプスを対処できる!

最近は優秀な100均アイテムが多く、上の商品も100均で手に入れられる類似アイテムもあります。実際に100均で販売している商品をご紹介します。

キャンドゥ かかとずれないジェル

¥100 税抜

ジェルタイプのかかとの保護シールです。クッションの代わりになって、靴擦れ防止にもなりそうですね。つま先用もあるようです。

ダイソー 中敷き

¥100 税抜

簡単に手に入る中敷きも強い味方になります。靴のサイズが少し合わなくても、中敷きを入れたら、ぴったりという事もありますよね。

緊急!脱げるパンプスの緊急処置方法!

いますぐ脱げるパンプスをどうにかしないと!

いますぐに脱げてしまうパンプスをどうにかしなければ!という時はありませんか?外出先だと脱げるパンプスを処理するアイテムも持ってない場合も多いと思います。

そんな時に役立つ、脱げるパンプスの緊急処置方法をご紹介します!

脱げるパンプスの応急処置方法⑴絆創膏

緊急時に使える脱げるパンプスの応急処置アイテムは、絆創膏(バンドエイド)です。

絆創膏をパンプスのかかとに直接貼り付けて、スキマを埋めるという方法!10枚近くはったという方もいらっしゃいますが、最初は2〜3枚ほど貼って調整してみるのがいいかもしれませんね♪

脱げるパンプスの応急処置方法⑵ティッシュ

2つ目にご紹介するのは、ポケットティッシュを詰めるという方法。ティッシュはかかとに詰めても取れてしまうので、必ずつま先に詰めるようにしましょう!

デメリットとしては、ティッシュのカスが靴の中に溜まるということです。

絆創膏でもティッシュでも応急処置としては使えますが、やはり”応急処置”なので、その場しのぎになってしまいます。時間が経つと足が痛くなってしまうということもあるので、緊急の場合だけこの方法をとることが好ましいです。

パンプスが脱げないようにピッタリのサイズと幅で

パンプスが脱げる原因と対処方法を紹介しました。
パンプスが脱げるのはサイズが合っていないことが主な原因です。
出来るだけ自分の足に合ったものを選ぶようにしたいですが、それでも難しい場合はご紹介した内容を一度、試してみてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ