知って得する!春物・冬物コートのクリーニング方法のまとめ

使うときには大活躍するけれど、季節物であるコート。クリーニングをして保管をしておけば長く楽しむことができますが、意外とクリーニング方法を知らない方も多いのではないでしょうか?お店に頼まずとも自宅でコートをクリーニングする方法もあります。まとめてみました。

コートはハウスクリーニングがおすすめ

春先や冬に大活躍するコート!しかし時期を過ぎると、次の年まで仕舞っておきますよね。

コートはクリーニング業者へ?

毎年快適にコートを着るために欠かせないクリーニング。でも、クリーニング業者にその都度頼むと高くついてしまいますよね?

コートはハウスクリーニングがおすすめ!

クリーニング業者の仕事は安心できますが、普段使いで自宅で洗っても大丈夫と判断できるコートは思い切ってハウスクリーニングしてみるのはいかがでしょうか?

やり方に気をつければ大丈夫

大切なコートも、やり方にさえ気をつければ、ハウスクリーニングで十分キレイにできちゃいます。手持ちの何枚かのクリーニング業者代が浮くだけでも経費節約になりますよ。

自分で洗うと愛着もひとしお

物を大切にする姿勢で女子力アップ!自分でハウスクリーニングすることで、手持ちのコートにより愛着も湧いてきます。子どもさんのコートにも有効です。

装飾が付いていないコートでチャレンジしてみよう

コートのハウスクリーニングの経験がない方は、装飾の少ないコートから挑戦してみることをおすすめします。意外と簡単にできて驚くかも!?

クリーニング時はコートの素材に注意!

コートをハウスクリーニングする際に、まず気をつけるのは素材です。各素材によって、注意点が変わってきます。代表的な5つの素材の注意点をまとめてみました。

綿

優しく手洗いがポイント

日本人が大好きな綿素材のコートは、柔らかいのが特徴的。特に薄い生地の場合は、優しく手洗いすることをこころがけてあげましょう。洗濯機を使用する際も優しく洗うのがコツです。

シワを防ぐ為に脱水は短めに

丈夫な麻素材のコートは、シワになりやすいという特徴も持っています。優しめの洗濯をしたら、シワにならないように脱水を短めにして、すぐ干しましょう。

ウール

手洗いをおすすめします

縮みやすいウールのコートは、洗濯機でなく手洗いをしてあげましょう。優しくハウルクリーニングしてあげることで、ウール素材でも長く楽しむことができます。

シルク

こすらないように注意

上質な肌触りを実現させる繊細なシルクは、洗う際こすらないことがポイントです。コートは、洗剤を溶かした水の中で泳がせるようにして洗いますしょう。

アクリル

洗濯ネットに入れる際は裏返し

毛玉が立ちやすいのがアクリル素材です。洗濯ネットを利用する際は、コートを裏返して入れるようにしましょう。こうすることでケバたつことを防ぐことが可能です。

ポイントを抑えれば大丈夫

ハウスクリーニングは不安という方も、素材別のポイントを押さえれば安全にコートをクリーニングすることが可能です。まずは素材を確認してみましょう。

コートのクリーニング方法

素材別の注意点を把握したら、いよいよ自宅でコートをクリーニングしてみましょう。基本のやり方をご紹介します。

まずは軽く手洗い

洗面器などに中性洗剤を入れ、コートを軽く手洗いしましょう。コートを洗濯機で洗う場合、刺激の少ない手洗いコースで洗うのが基本です。汚れが気になる箇所などは、手洗いの段階で落としておくと、素材を痛めることなく仕上がります。

裏返して洗濯ネットへ

洗濯ネットを活用する際に忘れがちなのが、裏返して入れること。こうすることで、コート生地表面が痛むのを防ぐことができますし、毛玉防止にもなります。

手洗いコースで洗おう

いよいよ洗濯機へ。コースは手洗いを基本としましょう。刺激が少ないので、コートを痛めることなくクリーニングすることが可能です。

洗い上がったら陰干し

コートは陰干しをしましょう。屋外に干すよりも室内で陰干しすることがおすすめです。乾いたらシワにならないように畳んでしまうだけ。来年もまた楽しむことができます。

ハウスクリーニングと聞くと、手間がかかると思いがちですが、たった4ステップで完了です。お店のクリーニングに任せるようにリーズナブルなことを考えると、行ってみても良いのではないでしょうか。

クリーニングしたコートの干し方

ハウスクリーニングしたコートは干し方にもポイントがあります。ちょっとポイントを抑えるだけで仕上がりがより綺麗になっちゃいます。紹介していきましょう。

ハンガーはしっかりしたものを使用

コートは一般的な衣服の中では重いものです。干す際はしっかりしたハンガーを使用しましょう。こうすることでシワ防止になり、肩口の型崩れを防ぐことができます。

しっかりめのハンガーがない場合は、細いハンガーを束ねて使用すればOKです。

一番良い干し場所は浴室

陰干しするコートは、できれば浴室に干すことがベスト。次点で室内への陰干しをおすすめします。しっかり乾いて綺麗に仕上がります。

ポイントを抑えて長く楽しむ

自分でハウスクリーニングしたコートは愛着もひとしおです。洗うだけでなく干し方もコツを抑えて、綺麗なまま長く楽しみましょう。

しまう時はたたみ方にも注意!

せっかく綺麗に乾いてもシワにならないようにたたまないと、いざ出した時にクリーニングをやり直すハメになってしまうことも。しまう際も気をつけて、丁寧に保管しましょう。

毎年楽しもう!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ