疲れないで歩きやすいヒールは?靴の選び方やおすすめブランドを紹介

女性が憧れるハイヒールの靴を履いてみたいけど、歩きにくいのが嫌で履かない方も多いですよね。しかし、歩きやすいか歩きにくいかはヒールの高さではありません。どんな靴が歩きやすいのか、分からない人のために、歩きやすいヒールの靴を選ぶポイントを紹介します!

ヒールのある靴はどうして歩きにくい?

女性なら1足はヒールの靴を持っていますよね。
ヒールのある靴は女性らしく、足を長く見えるので好きな方も多いでしょう。
しかし、ヒールのある靴は安定感がなくて歩きにくいし、疲れると感じる人も実際は多いです。

足の疲れ

ヒールの靴を履いて、足が疲れていませんか?それは、あなたが自分にあったヒールの靴を選べていない可能性が高いです。

ヒールを履いて足が疲れ気味の人の口コミ

疲れや筋肉痛はまだあるけど、帰ってすぐにコロコロともみもみしたから思っていたよりも筋肉痛は残ってないのよね ただ久々のヒールで歩いたから水ぶくれ出来た上に潰れちゃったもんだからそれが今も痛くて辛い( ;∀;)

Mon Jul 25 02:13:51 +0000 2016

歩くときに足の内側、拇指球に重心をかけることを意識すると、ヒールのときの脚の疲れやむくみが少なくなる気がする

Mon Jul 25 08:16:00 +0000 2016

買い物に行くための歩きやすいブーツが欲しい。ヒールが細いとぐらぐらして疲れやすいよ

Mon Jul 25 01:00:39 +0000 2016

ヒール疲れが半端ない…仕事いってきます(TT)(TT)(TT)

Sun Jul 24 21:00:54 +0000 2016

ほかったら脚に疲れが…ピンヒール丸一日の限界

Sun Jul 24 16:00:27 +0000 2016

@S13Jmoni615 私は腰よりも足が辛かったかなー 最初はどう動けばいいのか分からなくて無駄に動いて疲れたりしてたww 慣れてくると高いヒールでもいけるようになったけどww

Sun Jul 24 14:33:42 +0000 2016

歩きにくいヒールの靴や安定感のないヒールの靴は、あなたの靴選びが間違っているのかもしれません!
自分にあった靴を選ぶとヒールがあっても歩きやすいとも言われています。
では、歩きやすいヒールの靴はどう選んだらいいのかポイントをご紹介します。

歩きやすいヒールの高さとは?

歩きやすいヒールとは何cm?

歩きやすいヒールの靴を選ぶ時、ヒールの高さが気になりますよね。
ハイヒールの靴は7cm以上と言われますが、履きなれないのにいきなり7cm以上のヒールは歩きにくいものです。そこで、まずは5~6cmくらいのヒールから挑戦して、徐々にヒールを上げていくのをおすすめします。

疲れにくいヒールの高さ

足が疲れにくいヒールの高さは、5.5cmから6cmと言われています。ですが、スタイルをよく見せたいなら、やっぱり7cm、9cmの高さになってしまうのです。まずは、5cmのヒールを履いて足に筋力をつけ、歩きやすくなってきたら、7cmに挑戦してみましょう。

まずは練習

始めから高いヒールを履きこなせる人はいません。ヒールを履いて歩きやすいと感じる人も少ないです。少しでもスタイルをよく見せるためにも、まずはヒールになれるところから始めてみてくださいね。

歩きやすいヒールの太さはどのくらい?

ピンヒール

ヒールの高さ以外に、ヒールの太さも歩きやすいかが変わってきます。ピンヒールのように細いヒールは、歩きやすいとは言えませんよね。

ヒールが太い

ヒールが太いと安定感があるので、とても歩きやすいです。太ければ太いほど安定感があります。なので、歩きやすいヒールを探している女性でしたら、ヒールの太さに着目してみましょう。

ヒールはデザインを重視する女性が多いですが、歩きやすいものを選びたいのであれば、ヒールの高さと太さをしっかりとチェックしてから購入してくださいね。

ヒールが付いている位置も大切!

ヒールの位置

ヒールの太さと同様に、底のどの部分にヒールが付いているかも歩きやすいかどうかにとって大切です。体重を支えるかかとの中心部分にあると、しっかりと体重を乗せることができ、安定して歩きやすいです。

ストームが高いほどヒールが高くても歩きやすい!

ストームの高さ

歩きやすいヒールとは、ヒールが高てもストーム(ソール)部分が高くなっているものです。
ストームが低いとつま先に体重がかかるようになる為、歩きやすい靴とは言えません。
ある程度、ストームが高い靴の方が歩きやすい靴のため、靴を選ぶ時には気にしてみて下さい。

ストームの役割

ストームが高いことで、足にヒールを低く感じさせることができます。そのため、とても歩きやすいので、ヒールが高くてもつかれることも少ないです。さらに、ストームが高いと、足長効果もあるので、女性にとっては嬉しいポイントと言えますね。

ヒールを履いてたくさん歩きたいと思っている人は、ストームを重視してみてください。また、1cmから2cmくらいの高さがあると、歩きやすいですし足の疲れも感じにくいです。

ヒールを履いても歩きやすい状態にしてくれるアイテムとは?

ヒールがある靴でも、歩きやすいようにする為のグッズも販売されています。
ストームが低い靴は、前に滑ってくるので疲れる原因にもなります。
滑りを防止してくれるインソールや貼るクッションなどをご紹介します。
これで、ヒールを履いても歩きやすいこと間違いなしです。

ジェルインソール  ハーフタイプクリアジェル

¥324(税込)
ハーフタイプのインソールです。これは、中敷きや滑り止めにも使うことができます。これを入れて、ヒールを履けば足にフィットして、歩きやすい状態にすることができますよ。

歩きやすいヒールでパンプスのブランドは?

パンプス

Re:EDIT
¥2,698(税込)
「働く女性」を応援する靴のGIROは、もともとウォーキングシューズを販売しているブランドですから、これはもう疲れるはずがありません。ただし、デザインにこだわりたい方には少々不満も残るかもしれませんが、シンプルなデザインも多いのでチェックしてみてください。

ブーティー

hills style 
¥3,007(税込)
、歩きやすく快適なビジネスパンプスを提供するブランドです。履いているうちに脚をシェイプアップしてくれる効果もあります。歩きやすいパンプスを探しているのであれば、一度試してみる価値がありますよ。

パンプス

Shop NikoNiko
¥2,464(税込)
その最大の特徴は、足に心地よいふかふかのクッションです。靴底も柔らかくなっており、疲れにくいパンプスです。また、カラーバリエーションも豊富なのでお気に入りのものが見つかりそうです。

ショートブーツ

hills style 
¥2,575(税込)
少々お値段は張りますが、デザインも機能性も抜群なのでおすすめです。お仕事用に、歩きやすいパンプスを購入みてはいかがですか?

ヒールがあっても歩きやすいサンダルでおすすめは?

ファーサンダル

¥3,007(税込)
ストームの高さもありますし、安定感があるので、歩きやすいサンダルです。ブランド物によっては値段が高くなりますが、ウェッジサンダルはお手頃の価格の物もありますので、デザインと相談しながら購入してみましょう。

ビーチサンダル

¥3,265(税込)
ビーチサンダルは最近、厚底でヒールが高いものが増えてきました。これなら、安定感がありますし、ヒールがいくら高くても歩きやすいですよね。カジュアルファッションに適していますので、ぜひ取り入れてみてください。

サボサンダル

¥3,859(税込)
サボサンダルは抜群の安定感なので、ヒールが高くても歩きやすいです。ヒールが太くてもおしゃれなサンダルなので、おすすめですよ。このデザインなら、若い女性からアラフォーの世代まで幅広く楽しむことができます。

シンプルストラップサンダル

¥3,958(税込)
ストラップサンダルは、甲や足首をきちんと固定することができるので、とても歩きやすいサンダルです。サンダルが脱げる心配がありませんので、ヒールが高くても走ることができます。デザインも色々ありますので、お気に入りの物を見つけてみましょう。

歩きやすいヒールのまとめ

いかがでしたか?
ヒールが高いし疲れると感じていた女性もポイントを押さえれば、ヒールを楽しむことができます。歩きやすいヒールの靴を探して、ぜひファッションに取り入れてみましょう。きっとファッションの幅が広がって、色々なことに挑戦したくなりますよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ