【意外と知らない】すぐ使えるネクタイの結び方講座【簡単お洒落】

春から環境が変わり新生活、という方も多いのではないでしょうか?ネクタイは、自分の第一印象を左右する重要なポイント。ネクタイの基本となる結びかたから、結婚式などに使える応用となる結びかたまで、正しい結びかたをマスターしておきましょう!

ネクタイの結びかた、いくつご存知ですか?

数あるネクタイの結びかたのうち、よく使われるもの、中々使わないけれど知っておきたい結びかたをまとめてご紹介します!結婚式・就活で困る事のないよう必ず抑えておきましょう。

ネクタイの種類

ネクタイの種類といっても、実に多くの種類が存在します。
その中からビジネスシーンにおいて、かなり多く使われていると思われるネクタイの代表的な5種類のパターンをご紹介したいと思います!

1:無地(ソリッド)タイ

基本中の基本の柄。
どんな柄のシャツやスーツなどとも合わせやすい汎用性が特徴です。

ネクタイに迷ったときは、とりあえず無地をチョイスするというのも手です。
その中でも、濃紺の無地ネクタイは定番中の定番。

2:小紋柄タイ

小さな紋柄が施されており、ややクラシカルな印象を与えます。

ネイビーの小紋柄のネクタイは、様々なシーンで活用できるので、
1本は持っていて損はしない便利なアイテムです。

3:ストライプ柄(レジメンタル柄)タイ

華やかな印象が強いストライプ柄。
柄が力強くハッキリしたVゾーンに仕上がります。

スーツ、シャツ共に強いストライプ柄を選ぶと、
それぞれの主張が強すぎる合わせになることがあるので、注意が必要です。

4:ドット柄タイ

ひとくちにドット柄といっても、
そのドットの大きさによって、大きく印象が変化します。

小さめのドットはクラシカルな印象を、
大きめのドットはポップでカジュアルな印象を与えます。

5:ニットタイ

若干カジュアルな印象を与えるので、ビジネスでもジャケパンスタイルや、
ビジネスカジュアルスタイルなどにお使いいただくと良いかと思われます。

シルクのニットタイは、見た目に清涼感もあるので、クールビズスタイルにも多用され、
ウールやカシミア素材のニットタイは、冬の時期に季節感を演出するのに最適です。

では、ネクタイを選んだあとは早速結んでみましょう!

ネクタイの結びかた①プレーンノット

あらゆるネクタイの結びかたのうちで、最も簡単で基本的。使用頻度も応用範囲も一番高い結びかたです。こちらは一般的なレギュラーカラーのシャツと相性抜群で、就活やビジネス、結婚式などあらゆるシーンに対応できます。

プレーンノットの結びかた

ポイントは、きつく締めすぎると結び目が小さくなってしまうので、ふんわりと締めること。そうすることで、ネクタイのシワも抑えることができます。

ネクタイの結びかた②ダブルノット

プレーンノットより少しだけ結び目にボリュームを持たせたいときにオススメ。
一見、普通に見えて、気がつく人は気がつく、という粋な演出ができる結びかたです。

ダブルノットの結びかた

ノットの重なりが少し見えるように巻くのがポイント。プレーンノットに慣れてきて何か新しい巻き方にチャレンジしたい時にまずおすすめしたい結びかたになります。

ネクタイの結びかた③ウィンザーノット

あらたまった大事な場に適した英国調スタイルの強い結びかた。大きな結び目は長すぎるタイやボリューム不足のノットには、結び目がふっくらと大きめに仕上がるこの結び方で解決できます。

ウィンザーノットの結びかた

結ぶ際には大剣を左右にかける時に、締め具合を均等にするのがコツ。幅広でボリュームのあるノットになります。 イタリアンカラーなどのワイドカラータイプのシャツに合います。

ネクタイの結びかた④セミウィンザーノット

ウインザーよりも小ぶりな、程よい大きさの三角形のノット別名ハーフウインザーノット。大検を2回掛けした工程を、1回にしているので、仕上がりのボリュームが抑えられます。

セミウィンザーノットの結びかた

ウィンザーノットほど大仰ではなくスマートな印象に仕上がるので、ビジネススーツにも適した結びかたです。結び目が斜めになるのが気になるという方にもオススメ。

ネクタイの結びかた⑤ クロスノット

結び目が主役。シンプルななかに少しだけ変化をつけたいときにおススメ。ノット部分に斜めのラインが入るちょっとした遊び心のある結びかたです。

クロスノットの結びかた

大剣を結び回して仕上げる一般的な巻き方とは異なり、クロスノットは小剣を使って結びあげます。結び目が主役になるので、無地などのシンプルなネクタイが適しています。

ネクタイの結びかた⑥ブラインドフォールドノット

ノットが見えないちょっと変わった結びかたです。
スカーフやアスコットタイのような印象が出せるので、結婚式などフォーマルで華やかな場でオシャレが演出できます。

ブラインドフォールドノットの結びかた

シャツは白のワイド、タイはシルバー系が最適。
ネクタイ自体の存在感をアピールできる効かせ技で、周りに差をつけるスタイルを目指してみてはいかがでしょう。

ネクタイの結びかた⑦ノンノット

ノットの左右に小剣を巻き付けた特殊なネクタイの結びかたです。
通常なら隠れている結び目部分を、あえて外側に向けているような仕上がりになるので、オシャレ感があり、カジュアルなパーティーシーンで活躍します。

ノンノットの結びかた

結び際のポイントは2つ。
1.左右に巻き込む部分を左右対称にする。
2.結んだ後、2つの三角形をきれいに見えるように調整すること。
強く締めすぎないことがコツです。

ネクタイを結ぶ際の小技:ディンプル

ディンプルとは、ネクタイを結ぶときにつくるくぼみのことです。
ネクタイがひきしまってスタイリッシュに見えるので、ディンプルは必ずつくりましょう。 ディンプルを2つつくる方法もありますが、最近はひとつが主流です。ナロータイプなど幅の細いネクタイは、ディンプルがなくてもOK。

ディンプルの作り方

dimple(くぼみ)=えくぼ(笑窪)のこと。
おめでたい席(慶事)にはネクタイにディンプルを作りますが、お葬式などの弔事には作らないのが礼儀作法となっています。

ネクタイの結びかたまとめ

いかがでしたか?
男性ならば、ネクタイがビシっと決まった際は気持ちいいすがすがしい気分になったことがあるのでは・・・?

これからは、ネクタイを結ぶ際には、
今回ご紹介した内容を頭の隅に置いて、結んでみていただけると幸いです!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ