ピアスホールが完成するまでの期間は?完成までに気をつけることは?

    ピアスホールが完成すると好きなピアスをつけておしゃれを楽しむことができます。ピアスホールが完成するにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?またピアスホールが完成するまではトラブルが多いので注意が必要な期間でもあります。その期間に気をつける点とは?

    ピアスホールの完成とは?

    ピアスホールが完成してはじめて好きなピアスができる!

    ピアスをしたいと思うなら、ピアスホールを開けなければいけません。

    そしてピアスホールが完成してから初めて好きなピアスができるのです。

    ピアスホールの完成とは?

    ピアスホールの完成というのはピアスをするための穴がしっかり固定され、ピアスを入れてもトラブルが起きにくくなる状態と言われています。

    ピアスホールを開けるとしばらくはファーストピアスというピアスホールを完成させるために大きめのピアスをつけて生活します。
    ピアスホールが完成するまでは短い期間ではなく、意外と長いのです。

    ピアスホールが完成するまでの期間とはどのくらい?

    ピアスホールが完成すると好きなピアスつけることができますが、ピアスホールはどのくらいの期間で完成するのでしょうか?

    そもそもピアスホールの完成とは、傷口が治ってピアスが触れる部分にしっかりとした皮膚がつくられることを指します。

    ピアスホールは、第一治癒期間と第二治癒期間という2つの期間を得て完成します。

    第一治癒期間:ピアスと肉の間に薄い皮膚ができる

    ピアスを開けた直後は、皮膚の内部の肉にピアスが直接触れている状態。
    時間が経つとピアスと肉の間に薄い皮膚がつくられ、この段階を第一治癒期間といいます。

    第一治癒期間は、ピアスを開けてから2週間〜1か月ほどの期間をさします。

    この時期にセカンドピアスに付け替えると、出血する可能性があるのでファーストピアスを付けたままにすることをお勧めします。また、少しの間ピアスを外しているだけでホールが塞がってしまうこともあるようなので、注意が必要です!

    薄い皮膚ができていますが、ピアスホールが完成しているわけではないため気をつけましょう。

    第二治癒期間:表面がしっかりとした皮膚になる

    第一治癒期間でできた薄い皮膚は、ファーストピアスを付けたまま清潔に保っていると、しっかりとした皮膚に変化していきます。

    薄い皮膚からしっかりとした皮膚へと変わっていく期間のことを第二治癒期間と言います!

    傷口は、表面から内側へと向かって治っていくため、表面から見ると皮膚がしっかりできているように見えても、内側はまだ薄い皮膚のままという場合もあるので注意が必要です。

    この期間は1ヶ月から2ヶ月ほど続くらしいです!

    ピアスホールの完成の目安とは

    ピアスホールの完成は3ヶ月くらいかかる!



    ピアスホールが完成するまでの期間は個人差がありますが、早い方では1ヶ月も経たないうちにピアスホールが完成します。

    ピアスホールの完成には個人差があり、早く完成する方や2ヶ月経ってもピアスホールが安定しない方もいます。
    期間が長いからといって焦ってはいけません。

    一般的にピアスホールが完成するのに3ヶ月くらいかかると言われているので、参考にしてみるのもいいかもしれません!

    完璧に安定するには6ヶ月くらい

    ピアスを楽しむにはしっかりピアスホールを完成させる必要があります。
    その期間は6ヶ月はファーストピアスをつけていることです。

    6ヶ月もファーストピアスをつけてピアスホールを完成させるにはとても長く思えますが、
    しっかりピアスホールを完成させるのはこのぐらいの期間が必要なのです。

    ピアスホールの完成を見分ける目安とは?

    人によってピアスホールの完成ってバラバラだし、ちゃんと完成しているかわからないという方もいるかと思います。そこで、ピアスホール完成の目安をご紹介します!

    ・ピアスを動かしても痛みを感じない。
    ・出血がない。
    ・体液が出ていない。
    ・ピアスとピアスホールの間に隙間ができている。
    ・化膿していない。
    ・皮膚が穴に向かって窪んでいる

    以上の点がクリアできていれば、ピアスホールが完成している可能性が高いです。

    ピアスホールが完成するまでに気をつけることは?

    ファーストピアスをすぐに外さない

    ピアスホールが完成するには一定の期間が必要ですが、待てない方も少なくはないのです。
    ファーストピアスはピアスの穴を開けてからすぐに外してはいけません。

    ピアスホールを開けた直後は体にとっては傷と同じです。
    体には傷を塞ごうという力は働いてしまいます。
    ピアスホールが完成するまでは塞がりやすいので外さないようにしましょう。

    完成まえにピアスを外すと出血の可能性が

    ピアスホールを完成する前にファーストピアスを外してしまうと出血してしまったり、膿が出る可能性が多くなります。
    痛みも伴うのですぐには外してはいけません。

    ピアスホールを清潔にする

    ピアスを開けた直後は傷と同じなので出血したり、菌が侵入すると化膿することもあります。ピアスホールが完成するまでは傷を消毒するのと同じように清潔にすることが大切です。

    菌が入ってしまわないようにケアの時以外は、できるだけ触らないようにしましょう。

    ピアスホールの消毒は消毒液を使っても大丈夫ですが、水で洗う方法が
    さらに良いです。お風呂の時にシャワーでピアスホールの部分を洗うようにしましょう。
    ピアスホールが完成するまでこれを続けましょう。

    カラーやパーマは避ける

    ピアスを開けた直後は万が一のためにパーマやカラーを避けた方がいいです。
    強い薬剤を使うパーマやカラーは肌のかぶれの原因になることもあります。
    ピアスホールが完成するまでは待たなくてもいいですが、2週間くらいは我慢するのが良いです。

    美容室でもピアスの部分の配慮はしてくれますが、トラブルが起きてからは遅いのでピアスを開けた直後のカラーやパーマはやめるようにしましょう。

    気になる場合は病院へ

    ピアスホール部分の出血が止まらない、膿が止まらないなど気になる場合は皮膚科を受診するのが安心です。
    自己判断でさらに悪化させないようにするのも大切です。

    ピアスホールは傷と一緒なので、トラブルが起こることも予想されます。
    ピアスホールが完成するまでは安心しないでピアスホールをチェックするようにしましょう。

    ピアスホールが完成したら

    一定期間を経てピアスホールが完成します。
    3ヶ月から6か月間ファーストピアスをつけていた方はしっかりピアスホールが完成しているはずなので、好きなピアスをつけても良いでしょう。

    セカンドピアスには何を選ぶ?

    ピアスホールが完成すると好きなピアスをつけることができますが、次につけるセカンドピアスもできるならファーストピアスと同じような太めのピアスの方がいいのです。

    セカンドピアスは付けっ放しにできる素材がグッド!

    セカンドピアスをつけた直後もピアスホールのが完成したばかりの頃はトラブルが起きやすいです。
    セカンドピアスもファーストピアスのようにつけっぱなしにできる素材がおすすめです。

    トラブルになりやすいピアスは避けるのが無難

    ピアスホールが完成してもしっかり安定するまでは金属によってトラブルが起きやす状態です。
    アレルギーがない方でもゴールドや金メッキの素材は避けましょう。

    ピアスホールが完成するまではピアスの素材にこだわるようにしましょう。
    セカンドピアスにおすすめの素材はチタンやプラチナ素材の金属ならアレルギーが起こるにくいです。また、樹脂製のピアスもトラブルが起こりにくいでしょう。

    セカンドピアスにおすすめの素材はチタンやプラチナ素材の金属ならアレルギーが起こるにくいです。また、樹脂製のピアスもトラブルが起こりにくいでしょう。
    ピアスホールが完成するまではこのようなピアスをつけるようにしましょう。

    ピアスホールが完成するまではしっかりケアを

    ピアスホールが完成するまでの期間と完成するまでに気をつける点を紹介しました。
    ピアスを開けるとおしゃれを楽しむ幅が広がりますが、ピアスにはトラブルもつきものです。
    ピアスホールがしっかり完成するまでファーストピアスをつけてケアをすることが必要です。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ