眼鏡をかけると目が小さくなる…何か解決法はありませんか~!?

家では眼鏡をかけてるけど、目が小さくなるから外ではコンタクトにしている…なんて方多いんじゃないでしょうか。ファッションアイテムとしても使えるメガネですが、目が小さくなるのが難点。そこで、今回は眼鏡をかけると目が小さくなる時の解決策を考えてみました!

眼鏡でお出かけしたいけど、目が小さくなるのが嫌!

眼鏡は目が小さくなるから、外ではコンタクトを付けている…なんて方多いと思います。
花粉の時期や目が疲れている時などは眼鏡の方がいいけど、目が小さくなるのは女子として避けたいですもんね。

そこで、今回は眼鏡で目が小さくなる時の解決策を考えてみました!

眼鏡で目が小さくなる時の解決策①眼鏡と目の距離を近づける

(1)に対してですが、これはもうシンプルで「より厚みを抑えたレンズにする」しかありません。
度数の問題もありますが、最近ではレンズ加工の技術はかなり進んでいるようで、かなり薄いレンズの眼鏡も作れるようになってきています。

(2)ですが、「きちんと鼻にフィットするフレームを選ぶ」のがベスト。
できるだけ自分の瞳に近い位置でレンズを固定するように、鼻の上で眼鏡を支えるノーズパッドが、きちんと自分の顔と合っているのが重要。

よく、こんな風に眼鏡をずらしている女性がいます。
男性的にはこの仕草が萌えるのかもしれませんが、度つきの眼鏡の場合目が小さくなるので、あまりお勧めはしません…(笑)

眼鏡で目が小さくなる時の解決策➁小さいフレームを選ぶ

まったく同じ面積のビスケットでも、囲いの大きさによって見え方が違ってくる。
つまり目を囲う眼鏡のフレームが大きいほど目が小さくなるし、小さいほど目は大きく見えるわけです。

眼鏡で目が小さくなる時の解決策➂アイメイクを工夫する

最後の眼鏡で目が小さくなる時の解決策は、アイメイクを工夫する!です。

今までご紹介してきた眼鏡で目が小さくなる時の解決策は、すべて眼鏡を変えなくてはいけませんが、
アイメイクを変えるだけなら今すぐ実践できちゃいます!

眼鏡で目が小さくなる時の『アイシャドウ』

眼鏡は目元の印象をガラッとかえてしまいますので、いつもの濃い目のアイシャドウやアイライナーに黒いマスカラで目を大きく見せようとするのは逆効果。
かえって目が小さくなる…なんてことになりまねません。

眼鏡をかけている時に、目に影を出そうと濃いアイシャドウをまぶたの真ん中から目じりにかけてたっぷり塗ってしまうと、余計に目が小さくなる可能性があります。

眼鏡の時は、まぶたの中央あたりから目頭に使っているファンデーションより1、2トーン明るいファンデを使い、目尻側の半分には少し赤味を与えるくらいで押さえるか何も色をのせない方が良いでしょう。

さらに目元に明るい印象を与えたい場合にはまぶたの下側、まつ毛に近い部分にラメが入ったこれまたヌーディカラーのアイシャドウをサッと塗っておきましょう。
眼鏡の時のアイシャドウは、このくらいナチュラルな方が目が小さくなることもないのでおすすめです。

眼鏡で目が小さくなる時の『アイライン』

アイシャドウがナチュラルなので、眼鏡の時に目が小さくならないようにするメイクで重要なのは『アイライン』になります。
アイシャドウ代わりにアイライナーを塗り、綿帽などで少しまぶた滲ませて影を作り立体感を出す事も可能です。

ですが、ただアイラインを太く引けばいいということではなく、
かけているメガネのフレームによりアイライナーの種類や線の引き方も変えるのが、目が小さくなる時のメイクのポイント!

太いフレームの眼鏡の場合

眼鏡のフレームが太くて黒やダークブラウンなど濃いモノの場合には、ジェルライナーや芯が太めのペンシルライナーを使用して、メガネフレームとバランスが取れる太さにしてクッキリと線を引くと、目が小さくなることはないでしょう。

フレームが細い、フレームなしの眼鏡の場合

眼鏡のフレームが銀や金のメタリックなフレームで細目のモノやフレームが無いメガネをかけている場合には、フレームに合わせて先の尖った細目のペンシルアイライナーで控えめに線を描きましょう。
アイラインが強調されてしまうと逆に目が小さくなるので注意!

眼鏡で目が小さくなる時の『マスカラ』

『眼鏡をかけている時にマスカラを付けるとレンズが汚れる』と思われがちですが、それはないです!

ただ、確かにメガネをかけて黒々としたマスカラをたっぷりと付けてまつ毛を長く見せるのはちょっとドきつ過ぎるので避けるのは無難です。

眼鏡をかけている時のマスカラの塗り方で重要なのは、根元中心に塗っていくこと。
長さでは無く、ボリュームアップをする事重要なのです。

眼鏡の時の眉毛はどうしたらいい?

眼鏡をかけた時に上のフレームの調度上にのるまゆ毛は、まるで下線を引かれている様に眼鏡をかけていない時より、より強調されて目立つようになるのです。

眼鏡をかけている時の眉毛で気を付けなければならないポイントがあります。

・眼鏡でカモフラージュできるから眉のお手入れを怠る
・まるで眼鏡の上に立つ山の様に眉アーチがフレームの形とまるで合っていない
・メ眼鏡で強調されるのを恐れて、薄くそして輪郭をハッキリさせないぼやけた眉を描く

この3つです!

かけている眼鏡の大きさやフレームの形にもよりますが、眉毛が全て眼鏡で隠れたり、目立たなくなるという事はまずありません。

眼鏡を毎日かけていてもきちんと眉のお手入れを忘れず、フレームの曲線に合わせるように眉を整えることが大切!

眼鏡の時のリップ

実は、眼鏡をかけている女性が一番色を楽しめるのはリップカラーなのです。

どうしても、眼鏡をしていると目元に相手の視線が向きがちになるので、そこは口元を明るめや濃い目の自分のお気に入りカラーの口紅を塗る事で顔の上下のバランスを良くしましょう。

「あんまり濃い色は…」と思われる方は、1、2段階濃い目のリップライナーなどを使って唇を少し大きめにぷっくりと見せる事でそれ程派手なリップカラーを使わなくても眼鏡とのバランスを保つ事も可能ですよ。

いかがでしたか?

眼鏡で目が小さくなる時の解決策をまとめてみました!

目が小さくなるから、今まで外で眼鏡をかけられなかった…なんて方は、ぜひ試してみてください♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ