結婚式へお呼ばれ♡この服装で行けば、他のゲストと差をつけられる!

20代も半ばを過ぎると共に、増えてくるのが友人や親族の結婚式へのお呼ばれです。祝福ムードでこちらまで幸せな気分になれる結婚式は、ゲストで参加するのもワクワク♪ですが、そこで考えなきゃいけないのが、服装ですね。今回は、結婚式のお呼ばれ時の服装をご紹介します。

結婚式にお呼ばれ!さぁ、どんな服装で行こう。。

「結婚式に招待された~♪」
大切な友人や親戚の結婚式に参加するとなると、こちらまでとってもワクワク、楽しみですね。
ですが、考えなきゃいけない事もあります!
それは、当日の服装です!!
「何着ていけばいいの?」と疑問も沢山出てきます。
今回は、そんな結婚式のお呼ばれスタイルのマナーとオススメの服装をご紹介します。

結婚式のお呼ばれスタイル!マナーを守った服装で♪

結婚式のゲストは、その場が花やぐような服装で行きましょう!
ですが、色々と注意する点があるので、マナー違反のお呼ばれファッションでは行かないようにしましょう。

結婚式のお呼ばれスタイルのマナー★

では、実際に気をつける点を順に見ていきましょう。

白系のカラーのドレス

結婚式の当日、白という色は、主役の花嫁さんの特権の色です!

白だけでなく、クリーム色や淡ピンク系の色の服装も写真写りによって、白く見えてしまうので、避けた方が良さそうです。
結婚式にお呼ばれしたら、やっぱり花嫁さん花婿さんを引き立てるということが重要ですね。

露出の多い服装

極端に露出の多い服装(肩出し、膝上のミニ丈など)は、花嫁さんよりも目立ってしまうので、避けましょう。
スカートの丈は、膝が隠れるくらいがベストです。
タイトなシルエットで身体のラインが強調されてしまうものも避けた方が無難です。

ただし、夜の時間帯の披露宴に限っては、露出のあるドレスもOKです。
挙式は、時間帯に限らず露出の少ないものを選びましょう。

ファー素材

毛皮や革素材は、結婚式のお呼ばれの服装に使用するアイテムにふさわしくないとされています。
理由は、殺生をイメージさせるからだそうです。

また、結婚式の披露宴は、食事をする場でもあるので、リアルでもフェイクでも毛皮の毛やほこりが料理の中に入ってしまったりする恐れもあるので、不衛生だからお呼ばれの服装にはふさわしくないという現実的な理由もあります。

全身黒でまとめた服装

黒いドレスに黒のボレロにバッグ…全身を黒でまとめると「喪服」をイメージさせてしまいがちです。
結婚式は華やかな場ですので、お呼ばれスタイルに全身黒はタブーです。

黒のドレスを結婚式のお呼ばれスタイルに選ぶ時には、このように小物を明るめのカラーにして、明るさをプラスすると良いですね★
落ち着いた中にも、華やかさがでます!

足元にも注意ポイントがあります

画像のような真っ黒の透け感の無い黒タイツもNGです。
やはり、結婚式のお呼ばれなのに真っ黒のタイツはふさわしくないようですね。
透け感のある黒のストッキングであれば、良しとされる場合もあるようです。

このようなつま先やかかとの見えるサンダルやミュールといった靴もフォーマルな場にはふさわしくないとされ、結婚式のお呼ばれ時の足元にはNGです。
夏場には、こういったものを選んでしまいがちですが、結婚式のお呼ばれの服装には、季節を問わず、ベージュのストッキングにヒール5センチ以上のパンプスが基本ですね。

アレンジ次第でOKな結婚式のお呼ばれの服装とは

NGとまではいかないけど、微妙なラインも服装もありますよね。
そういった場合は、アレンジを加えて、素敵な結婚式お呼ばれのスタイルにしちゃいましょう

黒ドレス

先ほども紹介した通り、全身真っ黒では結婚式の服装にはNGですが、このようにボレロや小物で色物を取入れれば、OKです!
黒のドレスを1つ持っておくと、小物次第でアレンジが効くので、1つ持っていても良いかもしれませんね★

パンツスタイル

結婚式のお呼ばれの服装は、ワンピースドレスが基本とされています。
しかし、最近では、お洒落なパンツスタイルがよく店頭に並んでいますね!

もし、パンツスタイルで出席する場合には、ビジネススーツを連想させないような、高級感の漂うような光沢のある素材などを選びましょう。

バイカラーのドレス

結婚式などのフォーマルな席では、単色で無地のものが基本とされています。
また、2色使いのドレスは「わかれる」という意味に繋がるとも言われ、縁起の良いものではないとされています。

しかし、昨今ではカジュアルな結婚式も増え、またバイカラーもトレンドということもあり、お洒落なお呼ばれの服装として許容されています。

お洒落にキマる★結婚式お呼ばれ時の服装はこれ!

では、実際に結婚式へのお呼ばれのお洒落な服装を見ていきましょう。

シンプルなネイビーのワンピースの結婚式お呼ばれスタイル。
袖ありのタイプなら、ボレロやカーディガンを着なくても良いので、スッキリ着こなせます。
また、裾のフレアなのも地味になりすぎずに着こなせます。

多くの人が結婚式のお呼ばれには、ブラックやネイビーの落ち着いたカラーかピンクやオレンジといった明るいカラーを選びます。
なので、こんなきれいなグリーンを選ぶと他の人とは少し違った印象かつ、華やかな服装になれますね★

優しげで可愛らしい印象になれるのは、ピンクベージュのお呼ばれドレスです。
このドレスは、ウエスト部分がキュッとなっているので、スタイルアップも狙えます!

最近人気の結婚式お呼ばれスタイルは、こんなオールインワンの服装です。
ちょっと辛口でカッコよく着こなせるので、ワンピースの甘々な雰囲気が苦手という方にオススメです。
ストールやネックレスの小物で華やかさをプラスすると◎

ちなみに、お呼ばれスタイルに合わせる髪型って・・・

ドレスや小物、服装が決まったら、次は髪型を決めますよね。
ちなみに髪型は、こんな感じがオススメですよ★

こんな編み込みやくるりんぱをアレンジして、まとめる髪型が人気です。
この髪型なら、華やかにもなり、すっきりとまとまるので、お呼ばれにオススメです。

ハーフアップのアレンジもオススメです。
巻き髪を生かしたアレンジで、結婚式のお呼ばれワンピースなどとの相性もバッチリです!

ちなみに結婚式のお呼ばれにNGの髪型は・・・

実は、こんな花のコサージュは、結婚式のお呼ばれ時にはNGなんです。
結婚式で髪に花を付けるのは、主役の花嫁さんだけです!
もし、コサージュを付けたい場合は、ストールや鞄など、髪以外につけましょう。

ダウンスタイルは、絶対にNGと言うわけではないですが、セットの仕方によってはだらしなく見えてしまいがちです。
なるべくなら結婚式には避けた方がよさそうです。

動画で結婚式お呼ばれの服装を見てみよう!

色んなパーティー用ドレスが出てきます。
肩の出ているものもありますが、ストールやボレロを合わせれば、結婚式にぴったりの服装になりますよ♪

どんな服装で行くか決まった?

お気に入りの服装で、大切な人の結婚式を楽しみましょう!
少しのマナーを守れば、失礼のない素敵な服装で出席できますよ♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ