メガネのお手入れ方法って?メガネを長持ちさせるコツ教えます!

今はオシャレでメガネをかける人も増えてきています。メガネはかけていると知らず知らずのうちに汚れてきます。そんな汚れたメガネを、あなたは正しいお手入れできていますか?実は間違ったお手入れをしている人が多いんです。今からでも遅くない、メガネのケアを教えます!

メガネの手入れをしていますか?

あなたは普段かけているメガネのお手入れを、どのようにしていますか?
あまりお手入れをしていない人や、間違ったお手入れをしている人は要注意です。

こんなことするとメガネが痛みます

間違ったメガネの扱い方に気をつけましょう。

知らずに意外としている人もいるかもしれません。
間違ったメガネのお手入れ方法や取扱い方をご紹介します。

乾拭きする

メガネを乾拭きしていませんか?
一見汚れていないように見えても、レンズには砂粒などの細かいホコリがついています。乾拭きするとレンズについている細かい汚れで、レンズに傷がついてしまいます。

メガネを拭くときに力を入れすぎる

汚れを落としたいからと、メガネクリーナーで力を入れすぎて拭いてしまうと、レンズが痛んでしまいます。
お手入れは力を入れすぎずに優しくしましょう。

メガネを置くときにレンズを下向きにする

メガネを閉じて置く場合はレンズを上におきましょう。
レンズを下向きに置いてしまうと、レンズに傷がついてしまいます。

メガネを高温にさらす

メガネは高温に非常に弱いので炎天下の車の中に放置したり、お風呂やサウナでのメガネの装着は避けたほうがいいです。

メガネが濡れてそのままにする

メガネが雨などに濡れたときは、乾かないうちにすぐに拭き取ってください。
すぐに拭き取らないと水滴の跡が残って取れにくくなります。またフレーム部分はサビの原因にもなります。

お湯でメガネを洗う

寒い時期にはやっている人もいるかもしれませんが、お湯でメガネを洗うとコーティングが剥がれてレンズが痛みます。

正しいメガネのお手入れ方法

ちゃんと正しいお手入れができていますか?
お手入れでメガネの寿命が変わるんです。

洗いかた

水で汚れを洗い流す

まずは水でキレイに、メガネの汚れを洗い流すことが基本です。
水で洗い流すことで、目には見えない砂や細かいほこりを取り除くためです。

中性洗剤で洗う

中性洗剤を水で薄めて指で広げながらレンズ表面になじませて洗います。
専用の洗剤やクリーナーがない人は、簡単に中性洗剤でお手入れできます。

鼻パッドを洗う

お手入れで忘れがちな鼻パッド。意外と鼻パッドも汚れが溜まっている場所なんです。
使い古しの歯ブラシで鼻パッドも忘れずに洗いましょう。

水分を拭き取る

よく水ですすいで洗剤を流したら、水分をしっかり拭き取ります。水分が残っているとサビの原因になるので気をつけてください。
最後はメガネ拭きで優しく磨けば終了です。

使わないとき

左足を先に折りたたむ

メガネは左足を先に折りたたむのが正しいたたみ方です。
左から折りたたむとバランスも良く、負担もかからずにおさまりやすくなります。

ケースに入れる

メガネを持ち運ぶときには必ず専用のケースに入れてください。
そのままカバンに入れたりすると、物に当たってレンズに傷がつきます。

メガネのお手入れにオススメの商品

便利なオススメのお手入れ商品をご紹介します。

メガネの洗剤

メガネのシャンプー 除菌EX

¥319(税込)

こすり洗い不要でレンズにやさしい、スプレータイプのメガネ専用の洗浄剤です。
詰め替え用もあります。

タスク メガネブクS [ケース無し]

¥491(税込)

お手入れしにくいフレームや鼻パッドの隅々までスッキリ洗ってくれる優れもの。
メガネに優しい中性で、錠剤を入れて2、3分で完了です。

メガネクリーナー

メガネクリーナーふきふき お徳用 40包入

¥430(税込)

レンズの指紋や脂汚れを軽く拭くだけで、スッキリ落とすメガネクリーナーです。速乾性のウェットタイプなので、簡単に手入れができ乾拭きは不要です。
携帯に便利な個包装タイプです。

大切くろす 眼鏡ふき 京都くろちくオリジナル

¥432(税込)

マイクロファイバーでメガネを優しくお手入れできます。
かわいい柄がたくさんあるので、プレゼントとしても喜ばれますよ。

ふきふきマスコット カピバラ

¥648(税込)

かわいいカピバラがとても癒されるメガネクリーナーです。
ストラップ付きなので、スマホのお手入れにもオススメですよ。

東芝 超音波洗浄器 「My Fresh」

¥5,140(税込)

ミクロの泡がすみずみまで汚れを落とし、お手入れが難しい細かい部分や、すき間などの汚れもスッキリです。

メガネもお手入れが肝心

あなたのメガネのお手入れも、これで大丈夫です!

いかがでしたか?
間違ったお手入れ方法ひとつでメガネはすぐに痛んでしまいます。長持ちさせるためにも定期的に、お手入れは必要です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ